末野興産その3

スポンサーリンク

結局、九州中州の事件も、これ以上進展することなく尻すぼみとなりました。

ちょうどこの時期、バブル崩壊とともに政府は不動産融資に対する「総量規制」を発動していて、借入をしていた不動産会社は軒並不良債権化していました。

 

 

 

 

そんな中、福岡県警が中州の捜査の過程で、末野興産から末野社長あてに「仮払金」名目で138億円を支出していることが発覚。

 

 

 

大阪国税局に通報、調査に入ったところ使途不明金として計上されておりそのうち1億2千万円が社長個人の遊興費に使われていることが分かりました。

 

 

 

ただ、この遊興費以外は追徴課税されることなく、当時はまさか国税局ともズブズブの関係とは誰も知る由もなく、不可解な事とされていました。

 

 

その年の暮れ、映画「京阪神殺しの軍団」のモデルとされ、山口組全国制覇の急先鋒だった元柳川組、柳川魏志組長の葬儀・告別式があり、イトマン事件の許永中被告、大物組長や「大悲会」の野村秋介氏らに混り、末野社長からの生花が供えられていてマスコミの好餌となっていました。

 

 

しかし、その後は沈静化し、再び、世間を賑わすことになるのは6年後のこととなるのです。

 

 

平成8年に入って間もなく大阪市西区の末野興産本社ビルでちょうどそのころ、報道されていた疑念を晴らすため記者会見が行われました。

 

 

それは、週刊文春が、末野社長は、宅見組と杯を交わしダイヤの指輪、高級腕時計をしている・・・

 

 

という記事についての釈明会見でした。

 

スポンサーリンク

 

ここでいう「杯」とは単に酒を吞み交わすだけではなく、疑似の親子・兄弟、つまりやくざ者になる、ということを意味します。

 

 

「私は暴力団ではありません」

 

 

また、入国ビザの発行を拒否されている件も先ほどの福岡事件の一件があったからで、「もう一度出し直してください」といわれているだけ、住専の件は「先が読めなかった私の責任」と認め、順次処分していって買い手を探していく、と説明しました。

 

 

 

暴力団事務所が末野興産ビルに入居している件も、「うちは180棟のビルを持ち、8千以上の店子に300の仲介会社が入っている。ひとつひとつチェックはできない。家賃もきっちり払ってくれているが弁護士と相談して退去してもらうよう手続きする」

 

当時、なぜか共産党大阪市議団がそのリストを作成し、追求していましたが、そのリストには、独立系では松浦組一正会が第八天翔ビルに始まって、残りはすべて山口組系列の山健、豪友、宅見、中野会、堀組、尾崎格系列下部組織の入居リストが公表されました。

 

 

木津信破たんを導いた原因でもある預金の引き出しも、「人から預かったお金の運用で預金していたもので、返すために引き出しただけ」

 

 

「強制執行のがれはしていない、身内企業ではなく全く他人の会社に物件を抱いてもらっているだけ」しかし、この記者会見の大部分がウソとわかり後に逮捕されることになるのです。

 

 

<つづく>

 

スポンサーリンク

 

末野興産その1

末野興産その2

末野興産その3

末野興産その4

末野興産その5

末野興産その6

末野興産その7