許永中と石橋産業 その1

スポンサーリンク

2000年2月6日第一ホテル東京の一室で首つり自殺の男性の遺体が発見されました。

 

男性は兵庫県川西市在住の不動産会社社長「井手野下秀守」氏。

 

その理由ははっきりとしませんが、イトマン事件で名を馳せた許永中にあったとされています。

 

許永中は失踪直前、東京の石油卸商社・石橋産業にからむ手形詐欺事件で東京地検の捜査対象になっていて家宅捜索されましたが逃亡で捜査は中断。

 

許永中が収監され年明けから特捜部が事件の再捜査に着手し、冒頭の井手野下氏はその重要参考人として、自殺する直前まで特捜部の事情聴取を2回受けていました。

 

井手野下氏は事件とのかかわりあいが深かったということですが、彼は大手信託銀行の元役員という経歴の一方、許被告の側近中の側近という裏の顔を持っていました。

 

一橋大学を卒業して62年住友信託銀行に入行した井手野下氏は、一貫して不動産融資部門を担当。

 

難波営業部長、本店開発事業部長を歴任し88年には取締役に就任。

 

92年2月からノンバンク・日本モーゲージの社長を務めました。

 

その後、98年6月まで全日空ビルディング専務、ついで副社長として出向していました。

 

許被告と知り合うようになったのは難波営業部長時代の85年ごろとされています。

 

当時、激しかったイトマンやリクルートコスモスなどと地上げにかかわるうち、許永中の存在を知るようになりました。

 

大阪の不動産会社の話によると愛人がママをしていた北新地のアカラに通いつめ、認められて側近になったそうです。

 

日本モーゲージは、大手金融機関がまだ許永中を相手にしていなかった87年当時、大阪府池田市の許永中の自宅やコリアタウン建設を計画した大阪市北区中崎の大規模地上げに百数十億円を超す融資をしていました。

 

94年10月、巨額の負債を抱えて倒産しましたが当時の社長が井手野下氏でした。

 

井手野下氏が日本モーゲージに派遣されたのは、関係があった許永中の焦げつき処理のためだったともいわれています。

 

その井出野氏の名前が出てくるようになったのは、石橋産業手形詐欺事件を通じて西宮市の中堅ゼネコン新井組株を保有していた京都のノンバンク・キョート・ファイナンス社の乗っ取り計画でした。

 

この東京地検特捜部が再捜査に着手した石橋産業手形詐欺事件はキョート・ファイナンス社の社長に就任した石橋産業の関連会社・エィチ・アール・ロイヤルの林雅三社長が、東京地検に提出した「陳述書」に詳しく述べられています。

 

これによると自殺した井手野下氏の名前がたびたび登場。

 

許永中は全日空ビルディング専務だった井手野下氏を林社長ら石橋産業側に紹介したとされています。

 

スポンサーリンク