許永中と石橋産業 その6

スポンサーリンク

大相撲とのつながりは林理事長と会った前年の95年6月、硫黄島でおこなわれた日本相撲協会主催の戦後50周年記念行事「日米戦没将兵鎮魂のための横綱土俵入り」に許永中が同行していたことがわかっています。

 

防衛庁が全面協力し貴乃花、曙の両横綱ら幕内力士や境川理事長らが参加したこの行事に、許永中が参加していて「刑事被告人が自衛隊磯で硫黄島入りするとは」と、一部で問題にもなりました。

 

許永中は

「石橋を必ず攻め落としてやると石橋克規にも約束し、ヤクザにも声をかけてしもうた。

最初に頼んだ時に約束したゼニ払うのが、ヤクザ世界の不文律ですワ。前金で25億ぐらいのもんは使うとんのやが、あと半金を出したらんことには、よう下がらんのですわ」

 

と言って、流出した石橋産業株の回収費用として25億円を要求。

 

その際、許永中が別に所有していた新井組株180万株を担保に入れると約束しました。

 

その新井組株180万株と交換されたさくら銀行発行の預金小切手で、7億3000万円(支払先・三鷹産業)、3億5000万円(同・有恒クラブ)、2億7000万円 (同・寺町博)、5億円(同・住友産業)、6億5000万円 (同・有恒クラブ) の5枚に分け計25億円が支払われました。

 

その支払先の一つ、「有恒クラブ」は、林社長が案内された大阪の許永中の道場のすぐ近くにある彼が経営するパチンコ店でした。

 

その翌日、石橋会長と林社長は、かねてから許永中から一度紹介したいといわれていた、京都の山段芳春キョートファイナンス会長に会うため、京都入りしました。

 

会食場所は、祇園の料亭・中村で集まったのは、山段氏、許永中、キョートファイナンスの湊和一社長、全日空ビルディングの井手野下氏、山段氏の秘書で京都自治経済協議会事務局長の安川良子氏、そして石橋社長、林社長でした。

 

許永中が切り出しました。

 

「何をさしおいても山段理事長の力を借りんことには出来んことでっさかい、よろしゅう頼んます」

 

スポンサーリンク

 

許永中と石橋産業 その1

許永中と石橋産業 その2

許永中と石橋産業 その3

許永中と石橋産業 その4

許永中と石橋産業 その5