許永中と石橋産業 その12

スポンサーリンク

 

大阪オリンピックの機運が盛り上がってきたころ許永中はこう言いいました。

 

「大阪オリンピックを実現するためには、世界からⅤIPに準ずるIOC委員たちを招待する場所が必要となる。

そのために帝国ホテル大阪のインテリジェントビル(OAPタワー)の最上階38階、37階、36階に場所を借りてある。

発起人には著名人が名前を連ね、個人300万円、法人400万円の会員権システムにする。

若築建設が工事の旗振り役になり、大林組が下請けになるが大林にもプライドがあるから、発注者を若築建設にする。

会員権は工事が完成してからの方が良いので、若築建設の建て替え工事にして、その裏担保として岐阜県の繊維会社「カワボウリカ」の手形を石橋産業に入れる。

会長には石橋社長、専務は林社長、社長には川島カワボウリカ社長がなる。」

 

 

こうして96年6月、大阪アメリカンクラブが設立されましたが、その前に許永中は林社長にこう告げました。

 

 

「アメリカンクラブの会長になったので石橋さんに5億円程度出してもらうよう言ってほしい。川島に対して、それらしい出資をするようにしてもらいたい」

 

石橋側から4億9000万円が振り込まれ、その対価として川島社長から手形を預かったものの、期日に落とせず1年後の97年10月までジャンプしたといわれています。

 

「大阪オリンピック」に関して3月中旬、JR大阪駅北口にある7万坪の国鉄清算事業団の土地に案内した許永中はこう説明しました。

 

「国技館だけではこれだけの土地はこなしきれないので、大型ホテルが2つ、3つ必要になるし、ワシが所有している吉田司家の貯蔵品をおさめる相撲博物館をつくろうと思ってます。

それから、韓国領事館をベースに大阪の各国領事館を集めたビルも作ろうと思うとるんですわ。

ホテルの方は全日空が井手野下さんの話でも、随分ほしがっとるように聞いとりますので、亀井静香先生に頼んでさっそく全日空の普勝清治社長に会うてもらわんとあきませんナ」

 

こうして後日、東京築地の高級料亭「吉兆」で亀井代議士、全日空の普勝社長、石橋社長、林社長の4人が会食しました。

 

この会食は会談の数日前に、亀井代議士の平河町の事務所に許永中が石橋社長を案内し段取りしました。

 

スポンサーリンク

 

許永中と石橋産業 その1

許永中と石橋産業 その2

許永中と石橋産業 その3

許永中と石橋産業 その4

許永中と石橋産業 その5

許永中と石橋産業 その6

許永中と石橋産業 その7

許永中と石橋産業 その8

許永中と石橋産業 その9

許永中と石橋産業 その10

許永中と石橋産業 その11