許永中と石橋産業 その16

スポンサーリンク

この質問にたいして田中弁護士は「私が全部預かっている」と返事しました。

そして正式の譲渡契約書を作成し、届けると表明。

後日、新井組株985万株の記番号の入った合意書が作成されました。

しかし、筆頭株主になるべくの肝心の新井組株は手に入らず、言われるがままに振り出した石橋産業裏書きのロイヤル社の約203億円の約束手形の行方にも不安を抱いたままキョートファイナンス社の社長に就任した林社長は、

「この春から石橋は許永中に85億円も出しているが、担保に受け取った新井組株もほとんど残っていない」と、山段芳春氏に相談をしました。

これに山段氏は「その話は聞かんかったことにしとくわ。

このままでは許永中に、石橋さんもアンタも踏みつぶされてしまうで。

許永中には前から言ってあったんやが、保釈中やしパチンコ屋でもやっておとなしゅうするように言うてあるんや。

それに、今公判の弁護士を引き受けてもろうとる吉永透先生には、許永中は本当に面倒見てもろうとるはずや。

そんなことまたやっとると、吉永先生に判ったら、先生はえらい怒りはるで。今先生に見放されたら永中も終わりや」

さらに以前、許永中がキョート社の「金の卵」と言った滋賀県のゴルフ場センチュリー滋賀に移ると「このゴルフ場は良いゴルフ場やし、理事長は京信の井上達也理事長なんやが、こやつが今ワシの言うことを聞かんとアホなことばかり言うとんのや。

そやから石橋さんに買うてもらおうと思うとんのや。

安うに買うて再開発したらええがな。

これはキョートファイナンスに金出しとる銀行団も知っとる物件なんやが、石橋さんが買うのやったら文句は言わんやろうし」

と言いました。

 

スポンサーリンク

 

これに対し林社長が「許永中は自分のものだと言っていましたが」

と答えると、山段芳春氏は「そんなアホな!」

「新井組の株式はあいつにやったもんやから自由にさしとるだけや」と言って、許永中が新井組株を手に入れる経緯について説明しました。

それは京都銀行の株式が暴力団の手に入ったことを契機にして、京銀側で買い戻しにかかったところ、許永中が出現。

地元京都の暴力団会津小鉄会なども間に入り、最終的には敵側にいた許永中が山段氏側に寝返り、それで京銀株が戻ったということでした。

その際、京銀株に新井組株が付帯してきました。

キョート社が許永中に融資して、1120万株までになった・・というものでした。

山段氏は、「よっしや、石橋さんに言うといてーな、ワシが何とか守ったるから」

そのことがあって京都入りした石橋社長と林社長は、山段氏と会談。

ここで、山段氏は許永中から石橋産業を守る方法として、許永中のイトマン事件弁護団長だった吉永透弁護士から許永中に言わせることが一番いい方法だとアドバイス。

それにはキョート社の弁護士からそのことを吉永弁護士に伝えるやり方がよく、それをスムーズにすすめるには各弁護士に石橋産業の顧問に就任してもらい、その声かけを元大阪高検・検事長の富田正典弁護士にやってもらうことがベストなどと提案しました。

その上で、山段氏主宰の「三樹会」に入会し、石橋社長は常任顧問、林社長は常任理事になるようすすめました。

山段氏によると、その「三樹会」は、京都銀行の頭取をはじめ、京都財界のお歴々、警察本部長クラスのOB、検察庁OB、弁護士などが参加した一流の会で、石橋産業を守る富田弁護士はその最長老だということでした。

 

スポンサーリンク

 

許永中と石橋産業 その1

許永中と石橋産業 その2

許永中と石橋産業 その3

許永中と石橋産業 その4

許永中と石橋産業 その5

許永中と石橋産業 その6

許永中と石橋産業 その7

許永中と石橋産業 その8

許永中と石橋産業 その9

許永中と石橋産業 その10

許永中と石橋産業 その11

許永中と石橋産業 その12

許永中と石橋産業 その13

許永中と石橋産業 その14

許永中と石橋産業 その15