地上げのやり方教えます マスコミ ライトプランニング事件12

ライト社事件が発覚直後の岡田支部長の突然の役員就任は、当時タブーとされていた解放同盟の報道をしないマスコミ対策だったのではないか、と言われていました。

 

いくら当時は反社会勢力に対する姿勢が今とは違うといえども三和銀行が裏社会とつながりのあるライト社にここまで肩入れしていた事情というのは一体どういうことだったのでしょうか?

 

ただライト社の疑惑が明るみに出ても、三和銀行はライト社との関係を否定し続けました。

 

ただ三和銀行のトップ、渡辺現頭取の親族にかかわる不明朗な土地取引が明らかになってきました。

 

この話は、ライト杜疑惑がマスコミに取り上げられるようになった92年春ごろから、大阪の金融筋の間で噂となっていました。

 

ある情報紙が頭取の実兄とライト社との関係問題を取り上げたところ、その情報紙の主宰者の自宅、事務所、取材先に何者かの尾行が付きだしました。

 

無言電話が続き、事務所の金属製のドアには道具を使ってカギをあけようとしたのか、不自然なキズもつけられ、ポストに小包を預かっているという郵便局の『お知らせ』がはいっていましたが差出人欄には名前がありませんでした。

 

それは長期にわたって続きましたが、マスコミ関係者のところにも情報紙の主宰者のことを知りたいといってある有名な暴力団の企業舎弟と同じ名前の人物から何度か電話がかかったこともあったり情報紙の主宰者が、『消された』という噂も流れました。

 

情報紙がライト社問題を書いたことで、三和銀行の渡辺頭取の退任時期が早まった、ともいわれています。

 

そして例の大阪府警幹部警察官の接待疑惑が明るみに出て、初めてライト社問題に対する神経質に反応する理由が分かりました。

 

それは、大阪市幹部接待疑惑、さらに暴力団がからんでいるという大阪市議会での追及で、真相が明るみに出るのを恐れ、口をふさぐため、正体不明の影がうごめいていました。

 

そして、とうとう三和銀行がもっとも恐れていたとみられる頭取の実兄の話が大手紙の一面記事になり、週刊誌も取り上げることになったのです。

 

スポンサーリンク

 

地上げのやり方教えます!旧三和銀行(東洋プロパティ)ライトプランニング事件1

地上げのやり方教えます 大阪府警 大阪市計画局 ライトプランニング事件2

地上げのやり方教えます 三和銀行 阪急電鉄 ライトプランニング事件3

地上げのやり方教えます 関西高速鉄道 ライトプランニング事件4

地上げのやり方教えます 片福連絡線(JR東西線) ライトプランニング事件5

地上げのやり方教えます 大阪市役所 ライトプランニング事件6

地上げのやり方教えます 大阪市役所 湊町開発 ライトプランニング事件7

地上げのやり方教えます 大阪府警 ライトプランニング事件8

地上げのやり方教えます 国税局 ライトプランニング事件8

地上げのやり方教えます 光建設 ライトプランニング事件9

地上げのやり方教えます 東洋プロパティ ライトプランニング事件10

地上げのやり方教えます 部落解放同盟 ライトプランニング事件11

地上げのやり方教えます 東洋プロパティ ライトプランニング事件10

三和銀行系東洋不動産(東洋プロパティ)

 

中之島公会堂のある大阪市北区中之島をライト社が手がけたのは、大阪市が大阪大学移転跡地を中心に近代美術館、舞台芸術総合センター、国際会議場などのプロジェクトを計画していた中之島3丁目にある3階建てのビル。

 

目の前には、中之島再開発の一環として建てられた大阪市立科学館があり、一帯ほ昔から三井村といわれてきたところでした。

 

関係者によると、87年10月に土地374平方メートルと3階建てのビルを手に入れた大阪市内の不動産会社は、当初三井系列の不動産会社に売る予定でした。

 

そこヘライト社が入ってきて結局90年8月、100億円で売却。

 

ライト社はその購入資金をこの土地建物や、以前記事に書きましたダンプカー突っ込み事件の大阪市都島区東野田の地上げした土地を担保に「ナショナルリース」から融資を受けました。

 

ここで、ライト社を地上げの前サバキに使っていた不動産会社とは、三和銀行系の東洋不動産(東洋プロパティ)でした。

 

三和銀行のプロジェクト開発室の幹部はこの東洋不動産(東洋プロパティ)の紹介で、ライト社を使うようになりました。

 

それは、開発物件をナショナルリースに持ち込み融資をセットさせる、というやり方だったのです。

 

従業員数名の小さな不動産会社になぜ、世界の松下系ノンバンクが巨額のカネを出していたのか・・というからくりは、三和銀行が裏で糸を操っていたのです。

 

その他にも暴力団・解放同盟なども絡んでいました。

(次号につづく)

 

スポンサーリンク

 

地上げのやり方教えます!旧三和銀行(東洋プロパティ)ライトプランニング事件1

地上げのやり方教えます 大阪府警 大阪市計画局 ライトプランニング事件2

地上げのやり方教えます 三和銀行 阪急電鉄 ライトプランニング事件3

地上げのやり方教えます 関西高速鉄道 ライトプランニング事件4

地上げのやり方教えます 片福連絡線(JR東西線) ライトプランニング事件5

地上げのやり方教えます 大阪市役所 ライトプランニング事件6

地上げのやり方教えます 大阪市役所 湊町開発 ライトプランニング事件7

地上げのやり方教えます 大阪府警 ライトプランニング事件8

地上げのやり方教えます 国税局 ライトプランニング事件8

地上げのやり方教えます 光建設 ライトプランニング事件9

地上げのやり方教えます 大阪府警 ライトプランニング事件8-1

以前の記事で紹介した大阪市北区小松原の土地取引は、国土法の不勧告通知が発行される前に土地取引し、西淀川区御幣島の地上げは虚偽の届けがされたとする国土法違反容疑で大阪府警は大阪市役所の土地対策室を家宅捜索し、関係資料を押収しました。

 

接待を受けていた企画主幹が、ライト社の小松原町の土地売買の不勧告通知書を、普通2~3週間かかるところを数日で発行。

 

土地対策室はライト社の印鑑を預かっていて同社の審査書類訂正など便宜をはかっていました。

 

御幣島の土地取引は、土地対策室の指導で2年間も無届けでおこなわれていたことが分かり、市は関西高速鉄道とライト社に国土法違反にあたると通知。

 

府警の捜査は、ライト社が関係した土地取引をナショナルリースに持ち込んで融資を斡旋していた三和銀行プロジェクト開発室の幹部周辺にも及びました。

 

同行の渡辺頭取の側近でもあった同幹部は御幣島の土地買収でライト社の代理人として関西高速鉄道と交渉にあたり、当時計画局長で関西高速鉄道の取締役だった佐々木助役とともに、ヨーロッパ旅行をしていたという事件のキーマンでした。

 

ライト社は彼を飲食やゴルフに接待するなど、密接な関係をもっていましたが、当時大阪府警が、同幹部からも事情聴取したことから大手都銀がらみの大型経済事件に発展するのではないかという憶測が飛び交いました。

 

スポンサーリンク

 

地上げのやり方教えます!旧三和銀行(東洋プロパティ)ライトプランニング事件1

地上げのやり方教えます 大阪府警 大阪市計画局 ライトプランニング事件2

地上げのやり方教えます 三和銀行 阪急電鉄 ライトプランニング事件3

地上げのやり方教えます 関西高速鉄道 ライトプランニング事件4

地上げのやり方教えます 片福連絡線(JR東西線) ライトプランニング事件5

地上げのやり方教えます 大阪市役所 ライトプランニング事件6

地上げのやり方教えます 大阪市役所 湊町開発 ライトプランニング事件7