許永中と石橋産業 その4

当時、新井組の筆頭株主は伊藤寿永光(いとうすえみつ)元イトマン常務の会社である協和総合開発研究所でしたが実質的には許永中が所有していました。

 

その保有株1120万株は京都のノンバンクであるキョート・ファイナンスにグループ企業への融資約470億円の担保として差し入れられていたのです。

 

突然の新井組株の買い取り話に、「石橋にはそんな金はありません」と即座に返答した林社長に、「世間のやつらワシのことを殺し屋やいうとるらしいけどほんま迷惑な話や。コスモポリタンの池田保次社長も行方不明になっとんのやが、それもワシが途中でジャマになったから消したというウワサになっとるらしいのや!」

 

と許永中は暗に脅しにかけました。

 

さらに1400円の株をどうやって3000円で買うのかと疑問をぶつける林社長に許永中は

「受け皿になってもらう時はワシの金で3000円以上の値にしときますがな。ちょっと提灯に火がついたらすぐでんがな。ま、そのへんのことはワシらの仕事でっさかいまかしておくんなはれ」と言いました。

 

株価操作で新井組株の値を上げてみせるから大丈夫・・という説明に結局乗ることになりました。

 

これが97年、業界で新井組と若築建設の合併話が飛び交うもとになり、一時期2500円台まで高騰後すぐに600円台まで暴落するといった新井組株の乱高下の原因となりました。

 

石橋産業側が新井組株の買い取りを了承したところから、許被告は「ま、見とっておくんなはれ。石橋さんをピカピカにしてみせまっせ! 財界でも大物に必ずしますからな」

 

石橋産業の石橋浩社長が、許永中と初めて会ったのは96年2月中旬頃、東京銀座の中華料理店で許永中は同社長に「アナタとは今後フレンドリーな関係で仕事に取り組みたい」と申し出ました。

 

以前の記事で書きました自殺した川西市在住の不動産会社社長井手野下氏の名前が許永中の口から出てきたのはちょうどこのころでした。

 

許永中は井手野下氏のことをロイヤル社の林社長に紹介。

 

「林さん、実はワシには取っておきの切り札がありまんのや。若築のメインバンクは住友信託でっしゃろ。そこのOBで井手野下秀守という人物がおります。

ワシが逮捕されてからは政治家や大企業のトップ連中もみんな我が身の保身ばっかりで寄り付きもせなんだけど、この井手野下いう人は大したサムライですわ。

週に一度はワシの女の店に来て励ましてくれたりして自分の地位など考えずに力づけてくれたもんです。

この人は住信から現在全日空ビルディングに出向中の立場なんやが、一度石橋さんと林さんと3人だけで会うてもらえんやろか。

とにかくワシが一番信頼している人やしワシのゴールデンカードであることは間違いない人や」

 

井手野下氏と会食することになり会談はいい雰囲気で終わりました。

 

会談が成功したことを確認した許永中は井手野下氏をいったん石橋グループの若築建設の役員にさせ、そこから50%の株を保有したあかつきには新井組社長として出向させることを提案しました。

 

しかし当時、井手野下氏を全日空ビルディング専務として出向させていた住友信託銀行側が難色を示したためこの案は見送りとなりました。

 

これは新井組をダシにして側近の井手野下氏を石橋産業に送り込み、あわよくば乗っ取りを図ろうとしていたことが見え見えの提案でした。

 

次に許永中は「アンタがキョートファイナンスの社長になってくれたら、ワシの匂いが消える」

 

と持ち出してきたのは林社長が京都のノンバンク・キョートファイナンスの社長に就任させることだったのです。

 

スポンサーリンク

 

許永中と石橋産業 その1

許永中と石橋産業 その2

許永中と石橋産業 その3

許永中と石橋産業 その2

ロイヤル社の林社長によれば石橋産業では74年、先代の石橋建蔵氏が他界したことをきっかけにして、異母兄弟の確執が表面化しました。

 

石橋産業グループの一つで上場企業だった中堅ゼネコン若築建設の専務の座を追われた異母兄弟の石橋克規氏とグループ代表の石橋浩氏とは激しく対立しました。

 

95年10月頃「あんたとこの義兄弟の石橋さんのことなんじゃが、石橋さんの兄弟に克規さんておるじゃろうが?実はどうもこの人がヤクザにだまされて石橋産業の株を沈められてしもうたようだが、ついては石橋さんに会わせてもらえんじゃろうか~」

 

という電話が広島訛りのある男から入り、

 

「実は、克規の生活の面倒を見ていて、株券を回収してやった人がいる。このまま放置しておけば、石橋産業の株式もまたどこへ沈んでしまうかもわからんでしょうが~」

 

などと言ってきました。

 

翌11月中旬、石橋産業の石橋浩社長とロイヤル社の林社長の二人は、都内のホテルで電話をかけてきた男に会いました。

 

この男は、東京の暴力団・住吉会系の総会屋で、もう一人の男は、広島の暴力団・共政会関係者の身内でした。

 

二人が出かけた会談場所のホテルのロビーには、一目で暴力団組員とわかる男が十数人、周りの席に座っていました。

 

そこで、克規氏の面倒を見ているという男は同氏の生活費と株券回収費用として6000万円を要求。

 

しかし、株の買い戻しの件はあいまいにしたまま株を預けている人を石橋産業に連れていくという話になり、そこに現われたのが田中森一という弁護士でした。

 

田中弁護士は71年検事に任官し大阪・東京両地検の特捜部検事を務め、撚糸工連事件など大型経済事件の捜査に携わり、特捜のエースと呼ばれた人物でした。

 

88年退官した後は大阪で弁護士を開業。

 

 

検察捜査の手の内を熟知した弁護士としてその方面では知られていて、国際航業株事件の小谷光浩氏、射殺された山口組ナンバーツーの宅見勝若頭、そして末野興産の末野謙一氏などの顧問先となっていました。

 

石橋産業にあらわれたころには許被告と彼は盟友関係にあり、この席で石橋社長が「いくらで売ってもらえるか」と問い詰めたところ、田中弁護士はおもむろに株の預かり証を取り出し「この様に株券の方は私が責任を持って預かっている。帰ってこちらの方も検討する」と言いました。

 

裏に暴力団が関与していると察知した石橋産業側はロイヤル社の林社長の紹介で暴力団・住吉会理事長に相談、石橋産業側にたって住吉会の人間が交渉に立ち会うことになりました。

 

スポンサーリンク

 

許永中と石橋産業 その1

榊原グランドホテルに関連した暴力団を逮捕

また従業員の間で労働組合が結成され、遅れた給料の支給や病院の今後の方針をどうするのか説明を経営者側に求めました。

 

 

この段階で負債は50億円以上、所有する不動産にはすでに大阪府民信用組合など多数の金融機関が根抵当権を設定していました。

 

 

大阪府民信用組合は、理事長がオーナーの大田ハル氏に次ぐ二番目の大口出資者となっていたのですが、ホテルの監査役が約束手形を取り立てに回したことから不渡り処分になったのでした。

 

 

このため国税局の参加差押に加え、例の暴力団事始キャンセル問題や社長のホテル軟禁事件がマスコミに報道され、旅行代理店からのキャンセルが相次いだのです。

 

 

そうこうしていうちにホテルには前代表取締役の大田欣功氏やゴールデン開発社の石丸節子社長、山口組系暴力団幹部らが乗り込んできてホテルを占拠、そしてホテルは大阪地裁によって破産が宣告されたのですが、乱発された手形について決定を不服として大阪高裁に破産の取り消しの抗告を申し立てました。

 

 

 

その理由として・・

 

 

●ハル氏の五男である義治氏の自己破産の申し立ては、その資格がなく無効である。

 

 

●破産宣告当時の榊原グランドホテルの代表取締役は、大田欣功氏であり南勲氏はそれ以前に代表取締役役員を辞任、ホテルを代表する資格を持った人物ではなく破産決定の手続きに瑕疵があった。

 

 

記者会見で、大田前社長側は山口組関係者によるゴルフ場用地地上げ資金名目でのホテルの手形約11億円乱発問題について、「南前社長がやったもの。いったんホテルをつぶして、安く営業譲渡するつもりだったのではないか。『グレース観光』は乗っ取り会社。南前社長の告発も考えている。「ゴールデン開発」の石丸節子社長にには、再建に協力してもらっている。」と、南前社長側を激しく非難する一方、ゴールデン社の石丸社長には謝意を示しました。

 

 

榊原グランドホテルは所有動産の差し押さえ執行、ホテルは閉鎖

 

 

 

その後榊原グランドホテルの株主総会議事録が偽造され、虚偽の法人登記をしたとして、「ゴールデン開発」の石丸節子社長の自宅や大阪市内の山口組系臥龍会本部事務所などが家宅捜索されました。

 

 

大田前社長側が破産宣告無効の抗告申立の理由にあげた南勲社長の辞任は、株主総会議事録偽造だったというのです。

 

 

また「みのり会病院」の医師、看護婦など職員への給与未払い問題が表面化したことについて三重県医務課が不明朗な病院の経理状況について病院側から聞き取り調査した結果、病院の土地建物を担保に、「大阪府民信用組合」から借りた12億円のうち7億円が使途不明金になっていました。

 

 

この問題で、丸岡理事長は同日「経営危機の責任は、病院から資金を持ち出した南勲事務長にある」と、病院事務長職の解雇を表明、南事務長は診療報酬を担保にしてお金を借りるなど経営悪化の責任があるとして丸岡理事長から背任容疑で三重県の津地検に告訴されていました。

 

 

みのり会病院も倒産

 

 

みのり会病院は乗っ取りグループの新田修士被告が接近し、融資話を持ち込んだり手形を乱発したりしていましたが、丸岡理事長自身新田被告の紹介でみのり会病院の理事長になったといわれていました。

 

 

この新田グループは東京の金融ブローカーの畑隆が主宰するOCFグループで、名前が病院の新しい出資者として候補になったものの話はまとまらず結局2回目の不渡りを出し、倒産となりました。

 

 

そしてその半年後、山口組事始式キャンセル問題で、料金を支払わなかったとして、大阪府警捜査四課は山口組系黒誠会系赤心会々長の高木康清容疑者を逮捕、さらに榊原グランドホテル社長が泊まっていたホテルに押しかけ、500万円を脅し取ったとして、山口組系臥龍会内鷹竜会の高聖効会長を恐喝容疑で逮捕。

 

 

ホテルは紆余曲折を経て現在は宗教施設となっています。

 

 

高聖効は現在健心連合会の幹部で近年は生活保護費をだまし取ったとして逮捕された

 

 

スポンサーリンク