許永中と石橋産業 その2

ロイヤル社の林社長によれば石橋産業では74年、先代の石橋建蔵氏が他界したことをきっかけにして、異母兄弟の確執が表面化しました。

 

石橋産業グループの一つで上場企業だった中堅ゼネコン若築建設の専務の座を追われた異母兄弟の石橋克規氏とグループ代表の石橋浩氏とは激しく対立しました。

 

95年10月頃「あんたとこの義兄弟の石橋さんのことなんじゃが、石橋さんの兄弟に克規さんておるじゃろうが?実はどうもこの人がヤクザにだまされて石橋産業の株を沈められてしもうたようだが、ついては石橋さんに会わせてもらえんじゃろうか~」

 

という電話が広島訛りのある男から入り、

 

「実は、克規の生活の面倒を見ていて、株券を回収してやった人がいる。このまま放置しておけば、石橋産業の株式もまたどこへ沈んでしまうかもわからんでしょうが~」

 

などと言ってきました。

 

翌11月中旬、石橋産業の石橋浩社長とロイヤル社の林社長の二人は、都内のホテルで電話をかけてきた男に会いました。

 

この男は、東京の暴力団・住吉会系の総会屋で、もう一人の男は、広島の暴力団・共政会関係者の身内でした。

 

二人が出かけた会談場所のホテルのロビーには、一目で暴力団組員とわかる男が十数人、周りの席に座っていました。

 

そこで、克規氏の面倒を見ているという男は同氏の生活費と株券回収費用として6000万円を要求。

 

しかし、株の買い戻しの件はあいまいにしたまま株を預けている人を石橋産業に連れていくという話になり、そこに現われたのが田中森一という弁護士でした。

 

田中弁護士は71年検事に任官し大阪・東京両地検の特捜部検事を務め、撚糸工連事件など大型経済事件の捜査に携わり、特捜のエースと呼ばれた人物でした。

 

88年退官した後は大阪で弁護士を開業。

 

 

検察捜査の手の内を熟知した弁護士としてその方面では知られていて、国際航業株事件の小谷光浩氏、射殺された山口組ナンバーツーの宅見勝若頭、そして末野興産の末野謙一氏などの顧問先となっていました。

 

石橋産業にあらわれたころには許被告と彼は盟友関係にあり、この席で石橋社長が「いくらで売ってもらえるか」と問い詰めたところ、田中弁護士はおもむろに株の預かり証を取り出し「この様に株券の方は私が責任を持って預かっている。帰ってこちらの方も検討する」と言いました。

 

裏に暴力団が関与していると察知した石橋産業側はロイヤル社の林社長の紹介で暴力団・住吉会理事長に相談、石橋産業側にたって住吉会の人間が交渉に立ち会うことになりました。

 

スポンサーリンク

 

許永中と石橋産業 その1

地上げのやり方教えます マスコミ ライトプランニング事件12

ライト社事件が発覚直後の岡田支部長の突然の役員就任は、当時タブーとされていた解放同盟の報道をしないマスコミ対策だったのではないか、と言われていました。

 

いくら当時は反社会勢力に対する姿勢が今とは違うといえども三和銀行が裏社会とつながりのあるライト社にここまで肩入れしていた事情というのは一体どういうことだったのでしょうか?

 

ただライト社の疑惑が明るみに出ても、三和銀行はライト社との関係を否定し続けました。

 

ただ三和銀行のトップ、渡辺現頭取の親族にかかわる不明朗な土地取引が明らかになってきました。

 

この話は、ライト杜疑惑がマスコミに取り上げられるようになった92年春ごろから、大阪の金融筋の間で噂となっていました。

 

ある情報紙が頭取の実兄とライト社との関係問題を取り上げたところ、その情報紙の主宰者の自宅、事務所、取材先に何者かの尾行が付きだしました。

 

無言電話が続き、事務所の金属製のドアには道具を使ってカギをあけようとしたのか、不自然なキズもつけられ、ポストに小包を預かっているという郵便局の『お知らせ』がはいっていましたが差出人欄には名前がありませんでした。

 

それは長期にわたって続きましたが、マスコミ関係者のところにも情報紙の主宰者のことを知りたいといってある有名な暴力団の企業舎弟と同じ名前の人物から何度か電話がかかったこともあったり情報紙の主宰者が、『消された』という噂も流れました。

 

情報紙がライト社問題を書いたことで、三和銀行の渡辺頭取の退任時期が早まった、ともいわれています。

 

そして例の大阪府警幹部警察官の接待疑惑が明るみに出て、初めてライト社問題に対する神経質に反応する理由が分かりました。

 

それは、大阪市幹部接待疑惑、さらに暴力団がからんでいるという大阪市議会での追及で、真相が明るみに出るのを恐れ、口をふさぐため、正体不明の影がうごめいていました。

 

そして、とうとう三和銀行がもっとも恐れていたとみられる頭取の実兄の話が大手紙の一面記事になり、週刊誌も取り上げることになったのです。

 

スポンサーリンク

 

地上げのやり方教えます!旧三和銀行(東洋プロパティ)ライトプランニング事件1

地上げのやり方教えます 大阪府警 大阪市計画局 ライトプランニング事件2

地上げのやり方教えます 三和銀行 阪急電鉄 ライトプランニング事件3

地上げのやり方教えます 関西高速鉄道 ライトプランニング事件4

地上げのやり方教えます 片福連絡線(JR東西線) ライトプランニング事件5

地上げのやり方教えます 大阪市役所 ライトプランニング事件6

地上げのやり方教えます 大阪市役所 湊町開発 ライトプランニング事件7

地上げのやり方教えます 大阪府警 ライトプランニング事件8

地上げのやり方教えます 国税局 ライトプランニング事件8

地上げのやり方教えます 光建設 ライトプランニング事件9

地上げのやり方教えます 東洋プロパティ ライトプランニング事件10

地上げのやり方教えます 部落解放同盟 ライトプランニング事件11

地上げのやり方教えます 部落解放同盟 ライトプランニング事件11

ライト社は暴力団とも深くかかわっていて、大阪市北区堂島一丁目で地上げした土地は、山口組の最高幹部の一人である黒誠会前田和男組長をダミーにして入手したものでした。

 

この土地はもともと山口組系暴力団金田組の元幹部だった小西邦彦部落解放同盟飛鳥支部支部長が持っていました。

 

以前の記事にも書きましたが小西支部長とは大阪府吹田市のマンショソで、山口組の竹中正久四代目組長ら山口組の幹部三人が対立する一和会系暴力団組員に射殺された事件があり、このとき事件現場になったマンションは、小西支部長が借り主で、竹中組長はこのマンションでは小西邦彦を名乗っていました。

 

以前の記事ではこの事件発生時の警察無線もお聴き頂けます

記事は⇒こちら      http://info-aki.com/archives/103

 

小西支部長は、当時野間工務店という建設会社を経営していて、同社は解放同盟直系の建設業者団体、大阪府同和建設協会(同建協)加盟業者で、当時大阪市発注の工事を4年間で21億5千万円も受注していました。

 

ライト社は、その部落解放同盟ともかかわっていて府警幹部警察官接待疑惑が明るみに出た直後、解放同盟浪速支部の岡田繁治支部長が、同社の監査役に就任していました。

 

岡田支部長は、ライト社の水田社長が役員で従業員も同じである兄弟会社、山本リアルエステートの取締役にも同じ日付で就任。

 

その山本リアルエステートの役員には、先述の野間工務店の元役員も就任していて、解放同盟とライト社の関わりは相当なものでした。

 

スポンサーリンク

 

地上げのやり方教えます!旧三和銀行(東洋プロパティ)ライトプランニング事件1

地上げのやり方教えます 大阪府警 大阪市計画局 ライトプランニング事件2

地上げのやり方教えます 三和銀行 阪急電鉄 ライトプランニング事件3

地上げのやり方教えます 関西高速鉄道 ライトプランニング事件4

地上げのやり方教えます 片福連絡線(JR東西線) ライトプランニング事件5

地上げのやり方教えます 大阪市役所 ライトプランニング事件6

地上げのやり方教えます 大阪市役所 湊町開発 ライトプランニング事件7

地上げのやり方教えます 大阪府警 ライトプランニング事件8

地上げのやり方教えます 国税局 ライトプランニング事件8

地上げのやり方教えます 光建設 ライトプランニング事件9

地上げのやり方教えます 東洋プロパティ ライトプランニング事件10