末野興産その4

その翌々日の2月25日、
衆院予算委員会で参考人質疑が行われ
ブラウン管の前に姿を見せた末野社長は

 

 

「グループ会社には一切売却していない」

 

 

と否定、木津信に関しては、記者会見での説明とは
違った内容になっていました。

 

木津信用組合との関係は同組合が破たんする直前も

大阪府吹田市津雲台の高級住宅街456平方メートル
の土地を

 

末野社長の長女が代表を務める
「南千里開発」が購入。

 

そのとき資金を貸し出し、2億円の根抵当権を設定。

 

そして、長男が役員を務めるパチンコ店経営の
「日新観光」に転売されたのですが、

その時、2億円の根抵当権が外されていました。

 

その時期は、ちょうど末野興産から預金の解約を
打診されていた頃、ということもあり

 

 

事実上の「情実融資ではないか」

と噂されていました。

 

 

その土地も、捜査のメスが入ると報道されるように
なった時期から、工事がストップし

 

 

コンクリートに大きく「資産かくし」

と落書きされるようになりました。

 

 

 

 

そもそもの話として、

事の始まりは、大蔵省(当時)が金融機関の

不動産向け融資を

 

「総量規制」

 

といって引き締めたところから始まりました。

 

それを受けて、富士住建、朝日住建の金利支払いがストップ。

 

続いて平成2年秋ごろには、末野興産も金利の支払いを
ストップ。

 

 

その前後に約1千億円の預金が消えて
なくなっていました。

 

後から判明したことですが、これらS資金は全て

 

 

「大阪観光開発」

 

 

「ワールドエステート」

 

 

「新町興産」

 

 

「天翔」

 

 

「四ツ橋ビルディング」

 

 

などの子会社に分散されていたとされています。

 

帳面上は、高い利息で借り入れている
事にしておいて全て赤字計上、

 

住専から借り入れたお金は返さず
子会社間を行ったり来たりしていたのです。

 

 

その木津信引き上げマネーは、結局その後
大阪厚生信用金庫、信用組合関西興銀、

その子会社である新韓銀行大阪支店
に預け替えをされていました。

 

 

そして、木津信抵当証券の詐欺事件に関連して
末野興産所有マンションの管理人室を本社に設立された
ダミー会社

 

 

「大正地所」

 

 

に捜査のメスが入り、ロールスロイス2台が発見された
と報じられたのもこの頃でした。

 

<つづく>

 

スポンサーリンク

 

末野興産その1

末野興産その2

末野興産その3

末野興産その4

末野興産その5

末野興産その6

末野興産その7

末野興産その3

結局、九州中州の事件も、これ以上進展することなく尻すぼみとなりました。

ちょうどこの時期、バブル崩壊とともに政府は不動産融資に対する「総量規制」を発動していて、借入をしていた不動産会社は軒並不良債権化していました。

 

 

 

 

そんな中、福岡県警が中州の捜査の過程で、末野興産から末野社長あてに「仮払金」名目で138億円を支出していることが発覚。

 

 

 

大阪国税局に通報、調査に入ったところ使途不明金として計上されておりそのうち1億2千万円が社長個人の遊興費に使われていることが分かりました。

 

 

 

ただ、この遊興費以外は追徴課税されることなく、当時はまさか国税局ともズブズブの関係とは誰も知る由もなく、不可解な事とされていました。

 

 

その年の暮れ、映画「京阪神殺しの軍団」のモデルとされ、山口組全国制覇の急先鋒だった元柳川組、柳川魏志組長の葬儀・告別式があり、イトマン事件の許永中被告、大物組長や「大悲会」の野村秋介氏らに混り、末野社長からの生花が供えられていてマスコミの好餌となっていました。

 

 

しかし、その後は沈静化し、再び、世間を賑わすことになるのは6年後のこととなるのです。

 

 

平成8年に入って間もなく大阪市西区の末野興産本社ビルでちょうどそのころ、報道されていた疑念を晴らすため記者会見が行われました。

 

 

それは、週刊文春が、末野社長は、宅見組と杯を交わしダイヤの指輪、高級腕時計をしている・・・

 

 

という記事についての釈明会見でした。

 

スポンサーリンク

 

ここでいう「杯」とは単に酒を吞み交わすだけではなく、疑似の親子・兄弟、つまりやくざ者になる、ということを意味します。

 

 

「私は暴力団ではありません」

 

 

また、入国ビザの発行を拒否されている件も先ほどの福岡事件の一件があったからで、「もう一度出し直してください」といわれているだけ、住専の件は「先が読めなかった私の責任」と認め、順次処分していって買い手を探していく、と説明しました。

 

 

 

暴力団事務所が末野興産ビルに入居している件も、「うちは180棟のビルを持ち、8千以上の店子に300の仲介会社が入っている。ひとつひとつチェックはできない。家賃もきっちり払ってくれているが弁護士と相談して退去してもらうよう手続きする」

 

当時、なぜか共産党大阪市議団がそのリストを作成し、追求していましたが、そのリストには、独立系では松浦組一正会が第八天翔ビルに始まって、残りはすべて山口組系列の山健、豪友、宅見、中野会、堀組、尾崎格系列下部組織の入居リストが公表されました。

 

 

木津信破たんを導いた原因でもある預金の引き出しも、「人から預かったお金の運用で預金していたもので、返すために引き出しただけ」

 

 

「強制執行のがれはしていない、身内企業ではなく全く他人の会社に物件を抱いてもらっているだけ」しかし、この記者会見の大部分がウソとわかり後に逮捕されることになるのです。

 

 

<つづく>

 

スポンサーリンク

 

末野興産その1

末野興産その2

末野興産その3

末野興産その4

末野興産その5

末野興産その6

末野興産その7

末野興産その2

ナニワ借金王、末野興産の末野社長は
「末野組」が万博で儲けた割には、同年倒産。

その後、いくつかの会社に参画しては、いずれも倒産させた後
「末野興産」を設立したのは79年2月とされています。

そして、80年代後半には

 

 

「どこの街にでもある天翔ビル」

 

 

のキャッチフレーズで大阪市内の繁華街を中心に
200棟はあったとされています。

 

この、都心部に集中して建てた・・

という戦略は、ノンバンク、そして住専が

こぞって貸出競争に参入するという
アドバンテージを生み出し、

一時期借入額は6600億円に上りました。

 

 

 

芸能人との付き合いも深く、最初のきっかけは
キタ新地の末野興産ビルのテナントとして

藤田まことの妻が、ラウンジを経営するため、店子として
入居したのが始まり。

 

 

 

その後、藤田まことの妻が事業に失敗し、豊中にあった
藤田邸を末野興産の関連会社が買い取りましたが
その物件には山口組直系組長の妻名義で
2億円の根抵当権が設定されていた・・

という、いわく付の物件でした。

 

 

 

同時期、山口組と関連の深い元プロボクサー
渡辺二郎とも親交が深く、繁華街で飲むときは
社長のボディーガード役とされていました。

 

しかし、事態は大阪から遠くはなれた九州で
思わぬ展開を見せることとなったのです。

 

 

 

 

それは、九州有数の繁華街、福岡中州でのことです。
「7階建てのビル」と建築確認を出していたのが
実際は9階建ての「中州天翔ビル2号館」を建てた、
「建築基準法違反容疑」
で福岡県警に摘発されたのです。

 

 

 

 

その捜査にあたったのが、
「福岡県警暴力団集中取締本部」
という、一般企業であれば普通は
全くタッチしない部署だったのです。

 

 

 

これをきっかけに暴力団と親交があるのでは、
という噂が世間に広まりました。

 

 

 

というのも、平成2年頃、大手繊維メーカー
クラボウの株が山口組の当時ナンバーツー
だった宅見組の系列組織

 

 

「東生会」

 

の東会長が代表取締役をつとめる「天正興業」

に買い占められ、世間を騒がせた

一件があったのです・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

が、この天正興業の事務所が末野興産ビルを
本社にしてその前年設立、資金の一部を拠出した
のではないか、

もっといえば、天正興業は末野興産資金
が拠出された隠れ蓑ではないか・・

 

 

 

という疑念が出てきたのです。
業界ではSマネーといわれた
その資金も、元をただせば
住専やノンバンクからの融資金。

 

結局、株はクラボウが買い戻して
「いってこい」(損も得もなかった)
で終わったようですが、

その間受け取った配当金4500万の
一部が暴力団に流れたのではないか
と噂されていました。

 

 

 

結局、末野社長個人は罰金40万円
ということで決着。

 

 

 

時はバブルが崩壊した直後のことでした。

 

つづく

スポンサーリンク

 

末野興産その1

末野興産その2

末野興産その3

末野興産その4

末野興産その5

末野興産その6

末野興産その7