許永中と石橋産業 その3

住吉会幹事長は、株券の預かり証を見せた田中弁護士は山口組の宅見若頭の弁護士で、弁護士バッジはつけていても山口組と同等と見ていました。

 

のちに、田中弁護士を連れてきた広島の暴力団・共政会関係者の身内は預けた石橋産業関連株などが他に流出したとして、同弁護士の懲戒請求をして結局3か月間の業務停止処分を受けることになりました。

 

そして住吉会理事長に「株券を実際に持っている人物」と紹介されたのが許永中被告でした。

 

年が明けて96年1月初旬、東京銀座の住吉会理事長の事務所で、許被告に会った林社長は

 

「実際に株券を持っている人間が来るというので待機していると姿をあらわしたのが許永中でした。

昨年春ごろだったと思いますが、銀座のクラブで名刺交換していましたし、イトマン事件でその中心人物だったとも知りませんでした。

名刺の名前は『野村栄中』と書かれてあったのですから。

その場に姿を現した許はものすごい形相をして入って来ました。

しばらく黙って私の顔を見ていましたが、『森さんてアンタのことかいな』と言うので、私も『株券を持っているというのはアナタですか』と言うと、急に顔を真っ赤にして大笑いしながら『ちょっと待ってえな、なんやアンタかいな』と何度も繰り返しながら、また大笑いしていました。

そして、しばらく間を置いて、『よっしや判った。それなら話は別や。明日か明後日連絡するさかい、ワシの事務所でゆっくり話そうか』と言いました」

 

と出会った当時を証言しています。

 

 

許永中は石橋産業にかかわるようになった経緯について

 

「内紛の相手方である異母兄弟の克規から、浩さんと林という男と二人で結託して石橋産業を好き勝手しとる。自分が真の後継者やと聞いとった。

それなら、なんとか助けたらなアカンと思うて、東京にいる山口組の後藤組を先頭にいつでも石橋産業を攻める体制を組んどった。

田中弁護士を連れてきた共政会関係者に 回収交渉にあたらせている。

克規氏がだましとられたという石橋産業株10万株とワシが持っとる14万2650株と合わせて、24万2650株を克規に持たせて、石橋産業に乗り込ませるつもりやった。

その上で石橋浩さんに社長をやめてもろうて、それに側についとる悪の林というのんを始末しょうかという話になっとった」

 

それが、顔見知りだったことが分かり穏便なやり取りなったのですが、かえってこれが許被告らの仕組んだ巨額手形詐欺事件に発展していくことになりました。

 

石橋産業側の窓口役になったロイヤル社の林社長が、連絡を受けて帝国ホテル東京のオフィスタワー10階の高級絨毯と豪華な大理石が敷き詰められ、韓国の大家が描いた大作の水墨画や有名画家の絵画がかかっていた許永中の事務所を訪ねることになりました。

 

そして許永中は流出した石橋産業株の買い戻しの条件を兵庫県西宮市の中堅ゼネコン・新井組の株のことを持ち出しこう切り出したのです。

 

「ワシの持っとる新井の株を1株3000円で買うてもらいたいんや。新井の株が1200万株あるので、ザッと360億ぐらいや。

今の値段が1400円ぐらいやから、間が150億ぐらいになるやろ。もちろんこれは一時的に預かってもらうだけで、3年間から4年の間、石橋さんに受け皿になってもらうだけの話や。

金の方は京信か京銀に話をつけて流し込むようにしますワ。この条件を飲んでくれるのや石橋産業の株をお返しすることができるのやが・・」

 

 

スポンサーリンク

 

 

許永中と石橋産業 その1

許永中と石橋産業 その2

許永中その2

それが動き出したのは平成2年に入ってからのことです。

 
KBS京都の関連会社「KBS開発」(京都市中京区)が、KBS京都の海外からの訪問客を迎える「ゲストハウス」のようなものを建てる計画との説明でした。

 

 

その説明とは、KBS開発の取締役事業部長の肩書を持つ吉村某という人物からなされたのですが、住民が「土地の所有者である許永中氏との関係は?」の問いに対して、当初は口を濁していましたが、建築主として届け出ていた住所地が大阪市北区中崎2丁目にある許永中氏所有のビルであることが分かったのです。

 

 

このビルは「有恒ビル」といって、許永中氏が率いる「コスモタイガーコーポレーション」グループ数十社の司令塔であり、内田和隆KBS京都元社長をはじめ、山口組全国制覇の急先鋒だった柳川次郎元組長の専用部屋まであったとされていました。

 

 

 

後に、「KBS開発」はイトマン事件の主役となる伊藤寿永光氏が代表取締役となっていたことも、事件発覚と共に明らかになってきました。

 

 

イトマン報道が過熱しだしたころには、空き地に

 

 

「許永中に不渡手形を掴まされた」

 

 

「交通事故の交渉に許永中が割り込んできた」

 

 

などと、やくざ者、警察関係者をはじめ、色んな人が訪れるようになり、テレビ局、新聞社も付近住民にインタビューを試みたりと、またもやとんでもない騒動と共に建築計画は頓挫してしまったのです。

 

 

それから4年後のこと、池田市の立ち合いもと「宗教法人報恩人道教会」の地元説明会が開催されました。
当時、オウム真理教事件の問題もあり、特に読売新聞が許永中氏の敷地で宗教法人の計画があることに注目し、特集していました。

 
そのなかで、当の許永中氏のインタビューで「本当は、出来上がったら倉庫にしたい。周辺住民に『暴力団事務所』などと騒がれないように宗教施設という大義名分が必要だった」と述べていました。
この報道で、周辺住民が同宗教法人の井上豊次副座主に質問、副座主は「新聞はデタラメ」としながらも「許永中氏は、信者の一人」と回答。

 
ただ、本音としては、「池田市に土地を買い取ってもらいたい」とも洩らしました。

 
この、報恩人道教会は登記簿などによると昭和28年12月大阪市東淀川区に「天照大御神」を主神として「出雲日御碕大神宮教大阪分社」として設立。

 
昭和59年、現在の報恩人道教会に名称変更。

 
所在地を池田市の許永中邸跡に移転し大阪国際フェリーの元代表取締役である梶田允顕氏が代表者に就任しました。

 
また、その副座主の井上豊次氏はイトマン事件では、許永中グループの「関西コミュニティ」の脱税事件で大阪地検特捜部に逮捕され、のちに処分保留で釈放、グループ数十社の役員を務めた側近中の側近でした。

 

 

宗教法人法では、施設が2年間存在しない場合解散請求ができますが、それを意識してか許永中氏より大阪府私学課宗教法人係に届け出があったとのことです。

 

 

表札に掲げていた「釈天崇敬会」は宗教法人として認可されておらず、「勝手に使ってもらっているだけ」とし、また報恩人道教会とも無関係とのことでした。

 
ただ郵便受けを見る限り、許永中氏の日本名「藤田」の隣に「釈天崇敬会」と堂々と設置されており、誰の目で見ても不自然なものでした。

 
その後、しばらくは建設も止まったまま年月が経過していったのです。