許永中事件その6 大阪国税局と解放同盟との密約

しかしこの新日本建設の役員は、他のマンションでも許可を取っていた仕事人であることが発覚し自治会長を解任されてしまいました。

そしてこのマンション計画は市民の運動が実り計画はストップしました。

新日本建設は大阪市内ではリクルート事件で知られるリクルートコスモス社の下請けとして地上げを担当したり、大阪府堺市では高層マンション建設の共同開発者になったりもしていました。

新日本建設はなぜ大事業者のマンション建設の許可取り業者になることができたのでしょうか。

それは、許永中会社代表とそのグループがイトマンを手中におさめるまでにのし上がってきた謎を解く鍵でもあり、新日本建設をはじめ許永中グループの中心企業が、暴力と桐喝で行政を屈伏させ、やりたい放題やってきたのは部落解放同盟に直結した大阪府部落解放企業連合会(大企連)や大阪府同和建設協会(同建協)加盟業者というのがありました。

解放同盟系の団体がどれだけの力をもっているか・・

例えば、新日本建設が加盟していた同建協は大阪の場合、部落解放同盟大阪府連の指導と協力のもと、解放運動への自主財源獲得の基盤として重大な役割の一端を果たす・・

という設立趣意書とともに1970年4月設立、部落内同盟員で構成される土木建設業者団体でした。

これには大阪府下だけでも400社以上が加盟しており、同和対策事業を独占、一般の公共事業である大阪府発注の土木建築事業の2割を受注するなど、大手ゼネコンの談合組織に匹敵するほどの力をもっていました。

 

そのメンバーの一つ新日本建設は、89年の1年間だけで公共事業を31億4千万円も受注。

 

イトマン疑惑の表面化で、許永中とグループ企業は、相次いで税務署に億単位の修正申告をしましたが、その額は許永中会社代表の12億円を含め、93億円にものぼりました。

事実上の脱税である巨額の申告漏れが、なぜ見逃されてきたのでしょうか。

 

それは解放同盟系業者は、税務申告はノーチェックで、事実上フリーパスという大阪国税局と解放同盟との密約が1968年1月に当時の高木文雄大阪国税局長と部落解放同盟中央本部、大阪府部落解放企業連合会=大企連との間に結ばれていたためでした。

 

これらを窓口として提出される白、青色を問わず自主申告については全面的にこれを認めるなどの七項目の確認事項があったのです。

もともと、許永中会社代表は、凶暴さで知られる大阪市内の解放同盟支部長付をしていたともいわれていて、その解放同盟といえば行政はもちろん、大手企業、マスコミも「差別者」のレッテルをはられ、糾弾されることを恐れて屈服、追従していました。

 

許永中グループの中核企業「新日本建設」には「部落解放同盟兵庫県連委員長だった故小西弥一郎が役員に入っていたこともありました。

 

河内長野市で東亜大学分校誘致問題を担当した市幹部の肩書は「同和対策室長」。

 

自治体をも食いモノにしてきた許永中グループの暗躍は解放同盟というタブーにつつまれた現代日本の特権団体が背景にあってこそ可能だったのです。

 

スポンサーリンク

 

1968年1月30日、部落解放同盟中央本部・部落解放大阪府企業連合会(企業連)と大阪国税局との間で、つぎのような7項目にわたる確認書が交わされていました。

 

大阪国税局と解放同盟との密約

  • 国税局としては同和対策特別措置法の立法化に努める。
  • 同和対策控除の必要性を認め、租税特別措置法の法制化に努める。その間の処置として、局長権限による内部通達によってそれにあてる。
  • 企業連が指導し企業連を窓口として提出された白、青色をとわず自主申告については全面的にこれを認める。ただし内容調査の必要のある場合には企業連を通じ企業連と協力して調査にあたる。
  • 同和事業については課税対象としない。
  • 国税局に同和対策室を設置する。出来るまでの措置として担当は総務部長、窓口は総務課長とする。
  • 国税部内全職員に対し、同和問題研修を行う。この際講師については、同対室及び解放同盟と相談して行う。
  • 協議団(70年国税不服従審判所に発展的に解消)本部長の決定でも局長権限で変更することもできる。

この大阪方式は翌69年1月23日の解放同盟近畿ブロックと大阪国税局長との確認で、他の府県にも適用することとなり、「執行の際には中央本部と相談する」「助成金についても継続審議する」とされました。

 

スポンサーリンク

 

許永中事件その1

許永中事件その2

許永中事件その3

許永中事件その4

許永中事件その5

許永中と石橋産業 その5

なぜそのような事をいったのかというと当時許永中自身が抱えていたキョートファイナンスの巨額の債務をチャラにしてしまおうと思っていたからです。

 

許永中は

 

「林さんに社長になってもろうたときに、一番大切な仕事は、キョートファイナンスの借金の圧縮ですわ。

いまキョート・ファイナンスは各銀行から1600億ぐらいの借金をしとんのやが、大口借り手がワシと会津小鉄と同和の上杉でっしゃろ。

そんなんでよう返せと言えんのが現状ですワ。そこで、林さんが社長になって登場する後ろには石橋さんがついていてくれる。

銀行団もまず納得するし、これで貸金もいくらか返済されると多少は安心するやろうけど、そこで林さんが登場してやナ、新井の処分も含めて許永中・会津の小鉄・同和の上杉に堂々と渡りおうて交渉した結果、これだけの金しか作れんというて銀行と交渉しまんのや。

ま、今の時代のこっちゃし、借金だらけのノンバンクなんて銀行のただのお荷物やさかい、銀行としては早いとこ処分してもらいたい筈やし、多少でも金が入ってきた方がええに決まってますわ。

ワシの考えやが、多分1~2割の金で話つくはずですわ。キョートファイナンスつぶしても誰も文句は言わんはずやし、金の卵のゴルフ場とワシの持っとる絵画数百点だけが手つかずで残りますのや。

それらが、林さんが社長就任してからの大切な仕事なんですワ」

 

ゴルフ場はキョートファイナンスの関連ゴルフ場、センチュリー滋賀のことで許永中はゴルフ場を増設し、会員も増やせば

 

「工事費や経費を差し引いて100億は残る。

ワシはそれの60%、残り40%のうち10%を井手野下さん、30%は林さんの取り分や」

 

と儲け話をし、「すごい話ですネ」と感心する林社長に

「キョートファイナンスは、ほんま宝の山でっせ。

ワシは自分が仕事を頼んだ人にはタグ働きをさせるようなことはようさせませんのや」

 

ロイヤル社の林社長はキョートファイナンスの代表取締役社長に就任し、ロイヤル社もキョートファイナンス第2位の大株主となりました。

 

林社長を窓口にして、石橋産業の取り込みに入った許永中はさらに大相撲をつかって更なる仕事にとりかかりました。

 

それは大阪市北区中崎の許永中の自宅と空手道場を訪問した林社長をして

 

「許永中がいた場所は、道場と称するところで、500坪ぐらいある敷地で入口の門はまるで城門のような造りですし、館の所までは豪華な松の木が植えられていました。

屋敷の中は豪華な檜造りの家で、大広間は30人以上がゆっくり会食できる広さがあり、目を見張る造りでした。

2階には10人ぐらいが入れるサウナ室と温水プールがあり驚きました」

 

と言わしめた場所でバブル期リクルートコスモスなどと組み、コリアタウンをつくるなどと言って、大規模な地上げをしたところでした。

 

そこには日本相撲協会境川尚理事長、日大相撲部監督で日本オリンピック委員会委員の田中英寿氏や関取など3人がいました。

 

その前で、「横綱を認定する熊本の吉田司家はワシのもんになっている」

という許永中は、国際オリンピック委員会副会長の金雲竜氏と昵懇の間柄で、自分も今度韓国のオリンピック委員に就任することになっている…などと述べて、2008年大阪オリンピック誘致計画に言及。

 

同オリンピックの目玉として、大阪に国技館と博物館をつくる構想を明らかにしました。

 

翌日、その国技館建設の場所として案内されたのが、JR大阪駅に隣接した国鉄清算事業団所有地でした。

 

7万坪以上はあるかと思われる広大な場所を指して、許永中は国技館のほかにアシアナ航空や全日空のホテル建設、三越デパートの進出話などを並べたてて、「ごっつい話でっしゃろ」と言いました。

 

今思うと現在のグランフロント大阪を指していて、大阪オリンピックも結局は実現しなかった訳ですから荒唐無稽な話ではあるのですが、当時は皆「大阪ドリーム」と思い込んでいました。

 

スポンサーリンク

 

許永中と石橋産業 その1

許永中と石橋産業 その2

許永中と石橋産業 その3

許永中と石橋産業 その4

ハンナン事件浅田満 その4

この議員は俗に畜産族と呼ばれていた三名の議員で、農水省や畜産振興事業団への働きかけを依頼していました。

 

浅田氏と政治家との関係で有名なのは、畜産族の有力議員だった故・中川一郎農水相とはじっ懇の間柄で、中川氏が来阪すると浅田氏が出迎えていました。

 

また、浅田氏が理事をしていた羽曳野市同和食肉事業協同組合が、部落解放同盟前委員長で旧社会党副委員長の上田卓三・元衆院議員に同氏が参院大阪選挙区候補として初めて出馬した73年、300万円の闇献金をしたことも分かったのですが、羽曳野市同和食肉事業協同組合は73年3月、輸入肉の割り当て・配分を主要業務として設立された任意組合で、大阪府同和食肉事業協同組合傘下の1つでした。

 

組合員は65人で浅田氏はそこで府同和食肉事業協同組合輸入部長を兼任。

 

同組合は、畜産振興事業団から輸入肉の割り当てを受けると、それに1キロ当たり5円を販売手数料として加算し支部に卸し、支部はさらに1キロ当たり5円の販売手数料を加算して、組合員に卸す仕組みになっていました。

 

73年度の府同和食肉事業協同組合の割り当て分は4800トンで、管理するだけで総額4800万円ものカネが転がり込む仕組みになっていました。

 

問題になった羽曳野市同和食肉事業協同組合の経理明細書によると、300万円が上田氏の参院選選挙の費用、また50万円が羽曳野市長選挙に立候補した旧社会・公明・民社の三党推薦候補の選挙資金になっていました。

 

この300万円は総会の決議を経ず理事会の一存で支出を決定。

 

このため組合員の中から、「上田卓三がわしらのためになんかしてくれたことはないじゃないか」と不満の声が上がったといわれていました。

 

結局組合は74年に解散しましたが、その解散総会直前には理事を務める浅田氏の専横、乱脈ぶりに関するビラが配布されました。

 

「浅田満は、当然支払うべき1千万円の予納金を納めず、己が本部担当部長として政府との交渉の上、多量に取ってきた割り当てを売れぬと見れば組合員に押し付けて、売れるとみればこの逆です。

さる47年度後期の分でも解放同盟の袖にかくれて行動を起こし本部役員等が運動の一環として真正直に行動した結果は儲けるのは浅田ではなかったか。

馬鹿を見たのは他の本部役員一同である。

政府農林省は浅田一人が儲けるために輸入肉を出したのではない。

部落産業育成と一般消費者に一文でも安い肉との立前から輸入肉を出したのであります」

 

浅田氏と部落解放同盟の関係は羽曳野市の解放同盟向野支部の副支部長の役職に就いていて、ハンナンは部落解放同盟員でなければ入会できなかった、税務申告フリーパスの大企連加盟業者でした。

 

いずれにしても、繁田同和食肉事業協同組合会長、浅田氏主導によるこうした乱脈経営の結果、同組合は赤字のまま解散。

 

組合員の中には清算によって本来返却されるべき予納金200~300万円を受け取れない人も出てきました。

 

浅田氏その後、1兆5600億円の総事業費をかけた巨大プロジュクト、関西空港の二本目の滑走路をつくる第二期工事にも名を連ねました。

 

それは関西空港の地元自治体と言えは、大阪府泉佐野市、泉南市、田尻町の二市一町をのことを指しますが、そのうちの一つ泉南市には、総事業費1兆4000億円をかけた第一期工事(滑走路一本)後の恩恵は何もなく市議会には不満が渦巻いていた中でのことでした。

つづく

スポンサーリンク

 

ハンナン事件浅田満 その1

ハンナン事件浅田満 その2

ハンナン事件浅田満 その3