許永中と石橋産業 その10

 

田中弁護士から林社長に株の占有率が30%を超える部分である135万株についてロイヤル社とは違う別の受け皿会社をさがす必要があること、それが決まるまでの間、先に振り出したロイヤル社の2通の手形の一つ、72億4950万円の手形を、48億3300万円と24億1650万円の2通に分けるよう指示されました。

 

 

そして、そのうちの24億1650万円の手形については、「適当な受け皿会社が決まるまでの間、ワシが預かるようにするから、いずれにしてもその預かり証もワシが発行するから」と言ってきました。

 

さきに交わした新井組株とロイヤル社振り出しの額面総額約203億円交換の協定書は、書き換える必要があるとして、それも田中弁護士が預かるということになりました。

 

96年7月14日、ロイヤル社が新井組株985万株を所有したという大量保有届け出書が関東財務局に提出されました。

 

もちろん形式だけのことで、石橋産業側には新井組株は渡っていません。

 

その直後の7月下旬から雲行きがおかしくなってきました。

 

さきのとりあえず若築建設から借りて工面した60億円の返済期日が月末に迫ったことで、許永中が9月末まで2か月間の延期を申し出てきたのです。

 

さらに許永中は「田中先生がこれ持ってきてな、どうしても金が急にいるといわれとるんや。先生が金作らないかん相手言うたら宅見の頭のコトや」と言って、銀座の有名画廊がヨーロッパのオークションで落としたという、「40億円ぐらいはした」というポール・セザンヌの静物画を見せ、石橋産業が持っていた新井組株150万株との交換を持ちかけてきました。

 

 

当時、新井組株は1800円前後で総額おおよそ27億円でした。

 

 

この取引に応じることにしたものの、後日石橋産業側がこの絵画を鑑定したところ、時価2000万~3000万円程度のものだといわれました。

 

 

8月に入ると林社長は新井組株を取得する対価として振り出したロイヤル社の約束手形の書き換えを要求されました。

 

ちょうどその時期、京都信金で役員の使い込み事件や内紛劇があり、資金調達ができず銀行団に説明するのに困るというものでした。

 

林社長は振り出していた2通の手形の支払期日は白地にしていたところから、疑問をもちつつも応じる事にしました。

 

スポンサーリンク

 

 

許永中と石橋産業 その1

許永中と石橋産業 その2

許永中と石橋産業 その3

許永中と石橋産業 その4

許永中と石橋産業 その5

許永中と石橋産業 その6

許永中と石橋産業 その7

許永中と石橋産業 その8

許永中と石橋産業 その9

許永中と石橋産業 その5

なぜそのような事をいったのかというと当時許永中自身が抱えていたキョートファイナンスの巨額の債務をチャラにしてしまおうと思っていたからです。

 

許永中は

 

「林さんに社長になってもろうたときに、一番大切な仕事は、キョートファイナンスの借金の圧縮ですわ。

いまキョート・ファイナンスは各銀行から1600億ぐらいの借金をしとんのやが、大口借り手がワシと会津小鉄と同和の上杉でっしゃろ。

そんなんでよう返せと言えんのが現状ですワ。そこで、林さんが社長になって登場する後ろには石橋さんがついていてくれる。

銀行団もまず納得するし、これで貸金もいくらか返済されると多少は安心するやろうけど、そこで林さんが登場してやナ、新井の処分も含めて許永中・会津の小鉄・同和の上杉に堂々と渡りおうて交渉した結果、これだけの金しか作れんというて銀行と交渉しまんのや。

ま、今の時代のこっちゃし、借金だらけのノンバンクなんて銀行のただのお荷物やさかい、銀行としては早いとこ処分してもらいたい筈やし、多少でも金が入ってきた方がええに決まってますわ。

ワシの考えやが、多分1~2割の金で話つくはずですわ。キョートファイナンスつぶしても誰も文句は言わんはずやし、金の卵のゴルフ場とワシの持っとる絵画数百点だけが手つかずで残りますのや。

それらが、林さんが社長就任してからの大切な仕事なんですワ」

 

ゴルフ場はキョートファイナンスの関連ゴルフ場、センチュリー滋賀のことで許永中はゴルフ場を増設し、会員も増やせば

 

「工事費や経費を差し引いて100億は残る。

ワシはそれの60%、残り40%のうち10%を井手野下さん、30%は林さんの取り分や」

 

と儲け話をし、「すごい話ですネ」と感心する林社長に

「キョートファイナンスは、ほんま宝の山でっせ。

ワシは自分が仕事を頼んだ人にはタグ働きをさせるようなことはようさせませんのや」

 

ロイヤル社の林社長はキョートファイナンスの代表取締役社長に就任し、ロイヤル社もキョートファイナンス第2位の大株主となりました。

 

林社長を窓口にして、石橋産業の取り込みに入った許永中はさらに大相撲をつかって更なる仕事にとりかかりました。

 

それは大阪市北区中崎の許永中の自宅と空手道場を訪問した林社長をして

 

「許永中がいた場所は、道場と称するところで、500坪ぐらいある敷地で入口の門はまるで城門のような造りですし、館の所までは豪華な松の木が植えられていました。

屋敷の中は豪華な檜造りの家で、大広間は30人以上がゆっくり会食できる広さがあり、目を見張る造りでした。

2階には10人ぐらいが入れるサウナ室と温水プールがあり驚きました」

 

と言わしめた場所でバブル期リクルートコスモスなどと組み、コリアタウンをつくるなどと言って、大規模な地上げをしたところでした。

 

そこには日本相撲協会境川尚理事長、日大相撲部監督で日本オリンピック委員会委員の田中英寿氏や関取など3人がいました。

 

その前で、「横綱を認定する熊本の吉田司家はワシのもんになっている」

という許永中は、国際オリンピック委員会副会長の金雲竜氏と昵懇の間柄で、自分も今度韓国のオリンピック委員に就任することになっている…などと述べて、2008年大阪オリンピック誘致計画に言及。

 

同オリンピックの目玉として、大阪に国技館と博物館をつくる構想を明らかにしました。

 

翌日、その国技館建設の場所として案内されたのが、JR大阪駅に隣接した国鉄清算事業団所有地でした。

 

7万坪以上はあるかと思われる広大な場所を指して、許永中は国技館のほかにアシアナ航空や全日空のホテル建設、三越デパートの進出話などを並べたてて、「ごっつい話でっしゃろ」と言いました。

 

今思うと現在のグランフロント大阪を指していて、大阪オリンピックも結局は実現しなかった訳ですから荒唐無稽な話ではあるのですが、当時は皆「大阪ドリーム」と思い込んでいました。

 

スポンサーリンク

 

許永中と石橋産業 その1

許永中と石橋産業 その2

許永中と石橋産業 その3

許永中と石橋産業 その4

許永中と石橋産業 その4

当時、新井組の筆頭株主は伊藤寿永光(いとうすえみつ)元イトマン常務の会社である協和総合開発研究所でしたが実質的には許永中が所有していました。

 

その保有株1120万株は京都のノンバンクであるキョート・ファイナンスにグループ企業への融資約470億円の担保として差し入れられていたのです。

 

突然の新井組株の買い取り話に、「石橋にはそんな金はありません」と即座に返答した林社長に、「世間のやつらワシのことを殺し屋やいうとるらしいけどほんま迷惑な話や。コスモポリタンの池田保次社長も行方不明になっとんのやが、それもワシが途中でジャマになったから消したというウワサになっとるらしいのや!」

 

と許永中は暗に脅しにかけました。

 

さらに1400円の株をどうやって3000円で買うのかと疑問をぶつける林社長に許永中は

「受け皿になってもらう時はワシの金で3000円以上の値にしときますがな。ちょっと提灯に火がついたらすぐでんがな。ま、そのへんのことはワシらの仕事でっさかいまかしておくんなはれ」と言いました。

 

株価操作で新井組株の値を上げてみせるから大丈夫・・という説明に結局乗ることになりました。

 

これが97年、業界で新井組と若築建設の合併話が飛び交うもとになり、一時期2500円台まで高騰後すぐに600円台まで暴落するといった新井組株の乱高下の原因となりました。

 

石橋産業側が新井組株の買い取りを了承したところから、許被告は「ま、見とっておくんなはれ。石橋さんをピカピカにしてみせまっせ! 財界でも大物に必ずしますからな」

 

石橋産業の石橋浩社長が、許永中と初めて会ったのは96年2月中旬頃、東京銀座の中華料理店で許永中は同社長に「アナタとは今後フレンドリーな関係で仕事に取り組みたい」と申し出ました。

 

以前の記事で書きました自殺した川西市在住の不動産会社社長井手野下氏の名前が許永中の口から出てきたのはちょうどこのころでした。

 

許永中は井手野下氏のことをロイヤル社の林社長に紹介。

 

「林さん、実はワシには取っておきの切り札がありまんのや。若築のメインバンクは住友信託でっしゃろ。そこのOBで井手野下秀守という人物がおります。

ワシが逮捕されてからは政治家や大企業のトップ連中もみんな我が身の保身ばっかりで寄り付きもせなんだけど、この井手野下いう人は大したサムライですわ。

週に一度はワシの女の店に来て励ましてくれたりして自分の地位など考えずに力づけてくれたもんです。

この人は住信から現在全日空ビルディングに出向中の立場なんやが、一度石橋さんと林さんと3人だけで会うてもらえんやろか。

とにかくワシが一番信頼している人やしワシのゴールデンカードであることは間違いない人や」

 

井手野下氏と会食することになり会談はいい雰囲気で終わりました。

 

会談が成功したことを確認した許永中は井手野下氏をいったん石橋グループの若築建設の役員にさせ、そこから50%の株を保有したあかつきには新井組社長として出向させることを提案しました。

 

しかし当時、井手野下氏を全日空ビルディング専務として出向させていた住友信託銀行側が難色を示したためこの案は見送りとなりました。

 

これは新井組をダシにして側近の井手野下氏を石橋産業に送り込み、あわよくば乗っ取りを図ろうとしていたことが見え見えの提案でした。

 

次に許永中は「アンタがキョートファイナンスの社長になってくれたら、ワシの匂いが消える」

 

と持ち出してきたのは林社長が京都のノンバンク・キョートファイナンスの社長に就任させることだったのです。

 

スポンサーリンク

 

許永中と石橋産業 その1

許永中と石橋産業 その2

許永中と石橋産業 その3