許永中と石橋産業 その14

 

「伊豆下田に佐藤工業が開発許可を取った14万坪の土地がある。佐藤工業には70億ぐらいで話をつけてある。

 

住銀は、川崎定徳には頭が上がらないし、川崎定徳は宅見のプレッシャーがある。

 

この物件を若築さんに買ってもらいたい。住銀には、150億の融資を申し込んである。

 

すでに、日本橋の支店長・国重氏には話が通っている。

 

若築の債務保証が必要である」

 

 

「出口の話として、土地は創価学会が買う。

 

亀井静香と小沢一郎がやがて手打ちする。

 

仲介者は竹下登をおいて他にない。

 

その際、亀井静香より話をつけてもらう。

 

創価学会は墓地を必要としているし、その地は最高の土地であるから施設・本堂・会館・墓地・美術館などの建築費約400億、及び許の持っている絵画を含めて1000億円で買ってもらうようになる。」

 

 

結論として創価学会の買い付け証明がないと無理ということになりました。

 

 

許永中が持ち込んできた話で

「福岡の田口工業会長から良い話があった。

 

大阪の東亜というバブルではじけたデベロッパーが所有しているマンションがある。

 

場所は福岡の天神。

 

一等地で当時は70億くらいかかっているが16億~17億くらいで買える」

 

 

目的は、「大阪アメリカンクラブの福岡版をつくりたい。

 

福岡は石橋さんの地元で、アメリカンクラブの会長でもある。

 

地元のVIPをはじめとする社交クラブの場所としてはうってつけ」

 

というものでした。

 

 

 

その費用は「内装工事は約20億くらいかかるだろうが、アメリカンクラブの会員権が約120億くらい集まるので、それで払うから問題ない」といいました。

 

 

しかし、「大阪アメリカンクラブ」の会員権の集金状況が不明だったため石橋社長が拒否すると、許永中は住友銀行から融資を受けることをすすめ、総額50億円を申し込ませた。

 

これに対して、住友は「担保価値は10億程度」と返事。

 

 

結局、銀行に対して石橋産業の信用を失うだけの話で終わりました。

 

 

林社長は、次から次へと許永中から持ち込まれる話の結末について

 

「いずれの話も『金のことは心配いらん』と言っておきながら、債務保証が必要だったり、立替え工事だったり、あるいは最初から保証金を入れさせたりするにあたり、入口の話があるだけで出口のまったく定かでない話 (つまり、買い手がいないとか、会員権をどうやって売るのか入金ベースが不透明)ばかりで、しかも、『ワシの名前は出せないから、石橋さんの名前で出しておいてくれ』とか、後日そのことで暴力団風の人間が石橋産業を訪ねて来たりひどい内容の結果に終わるものばかりでした。」

 

と後年当時のことを述懐しています。

 

スポンサーリンク

 

許永中と石橋産業 その1

許永中と石橋産業 その2

許永中と石橋産業 その3

許永中と石橋産業 その4

許永中と石橋産業 その5

許永中と石橋産業 その6

許永中と石橋産業 その7

許永中と石橋産業 その8

許永中と石橋産業 その9

許永中と石橋産業 その10

許永中と石橋産業 その11

許永中と石橋産業 その12

許永中と石橋産業 その13

許永中と石橋産業 その3

住吉会幹事長は、株券の預かり証を見せた田中弁護士は山口組の宅見若頭の弁護士で、弁護士バッジはつけていても山口組と同等と見ていました。

 

のちに、田中弁護士を連れてきた広島の暴力団・共政会関係者の身内は預けた石橋産業関連株などが他に流出したとして、同弁護士の懲戒請求をして結局3か月間の業務停止処分を受けることになりました。

 

そして住吉会理事長に「株券を実際に持っている人物」と紹介されたのが許永中被告でした。

 

年が明けて96年1月初旬、東京銀座の住吉会理事長の事務所で、許被告に会った林社長は

 

「実際に株券を持っている人間が来るというので待機していると姿をあらわしたのが許永中でした。

昨年春ごろだったと思いますが、銀座のクラブで名刺交換していましたし、イトマン事件でその中心人物だったとも知りませんでした。

名刺の名前は『野村栄中』と書かれてあったのですから。

その場に姿を現した許はものすごい形相をして入って来ました。

しばらく黙って私の顔を見ていましたが、『森さんてアンタのことかいな』と言うので、私も『株券を持っているというのはアナタですか』と言うと、急に顔を真っ赤にして大笑いしながら『ちょっと待ってえな、なんやアンタかいな』と何度も繰り返しながら、また大笑いしていました。

そして、しばらく間を置いて、『よっしや判った。それなら話は別や。明日か明後日連絡するさかい、ワシの事務所でゆっくり話そうか』と言いました」

 

と出会った当時を証言しています。

 

 

許永中は石橋産業にかかわるようになった経緯について

 

「内紛の相手方である異母兄弟の克規から、浩さんと林という男と二人で結託して石橋産業を好き勝手しとる。自分が真の後継者やと聞いとった。

それなら、なんとか助けたらなアカンと思うて、東京にいる山口組の後藤組を先頭にいつでも石橋産業を攻める体制を組んどった。

田中弁護士を連れてきた共政会関係者に 回収交渉にあたらせている。

克規氏がだましとられたという石橋産業株10万株とワシが持っとる14万2650株と合わせて、24万2650株を克規に持たせて、石橋産業に乗り込ませるつもりやった。

その上で石橋浩さんに社長をやめてもろうて、それに側についとる悪の林というのんを始末しょうかという話になっとった」

 

それが、顔見知りだったことが分かり穏便なやり取りなったのですが、かえってこれが許被告らの仕組んだ巨額手形詐欺事件に発展していくことになりました。

 

石橋産業側の窓口役になったロイヤル社の林社長が、連絡を受けて帝国ホテル東京のオフィスタワー10階の高級絨毯と豪華な大理石が敷き詰められ、韓国の大家が描いた大作の水墨画や有名画家の絵画がかかっていた許永中の事務所を訪ねることになりました。

 

そして許永中は流出した石橋産業株の買い戻しの条件を兵庫県西宮市の中堅ゼネコン・新井組の株のことを持ち出しこう切り出したのです。

 

「ワシの持っとる新井の株を1株3000円で買うてもらいたいんや。新井の株が1200万株あるので、ザッと360億ぐらいや。

今の値段が1400円ぐらいやから、間が150億ぐらいになるやろ。もちろんこれは一時的に預かってもらうだけで、3年間から4年の間、石橋さんに受け皿になってもらうだけの話や。

金の方は京信か京銀に話をつけて流し込むようにしますワ。この条件を飲んでくれるのや石橋産業の株をお返しすることができるのやが・・」

 

 

スポンサーリンク

 

 

許永中と石橋産業 その1

許永中と石橋産業 その2