許永中その5

スポンサーリンク

その石橋産業の関係者は、許永中氏の計らいで東京向島の高級料亭に招かれました。
そこには首相経験者もいたという自民党の閣僚と事務次官十数人が会食している一席でした。

 
この運輸族といわれた大物代議士は目の前で許永中氏を「兄弟」と呼んでいたそうで、東邦生命の前社長「太田清藏」氏の政界人脈だったと言われています。

 
東邦生命はその子会社の「社友総代」に、竹下登、中尾栄元建設相、中山正暉元郵政相をはじめ、大野明、中川一郎各代議士の名前が並んでいたそうです。

 
そのような中、渡辺美智雄代議士の大阪後援会の会長を務めていた野村周史という人物がいて、許永中氏はこの野村氏とは昵懇の仲で、その関係から、日本名「藤田永中」を一時「野村栄中」と変えていたほどでした。

 
その他にも、久間章生元防衛庁長官は許永中氏関連会社の役員を務めていたり硫黄島の慰霊祭では、同代議士が手配した陸自ヘリコプターに同乗、同島で、横綱曙、貴乃花が土俵入りを奉納した時も同行していました。

 
このように、許永中氏は、政界、財界、スポーツ芸能界と人脈を広げていきました。
そのような状況の中、都内にある不動産会社の債務処理に協力する形で、許永中氏関連会社、友好団体などを入居させていました。

 
その内訳は、かつて第一勧業銀行麹町支店で36億円詐欺横領事件で逮捕された人物が代表を務める会社であったり、仕手筋として知られる中江滋樹元投資ジャーナル代表が事務所を構えたりときな臭さが漂っていました。

 
中江元代表はイトマン事件にも登場するコムソン株の仕手にも関わり、また、パチンコ業界にも進出させ、株価の高騰とあわせて相当の利益を得たとされています。

 
これまでに、多くのバブル紳士たちが、摘発された後、世間をはばかるように、ひっそりとしているのに対し、

許永中氏は身長180cm、体重100kgの巨漢・スキンヘッドというその風貌と相まって逆に益々パワーアップしていくかのようでした。

 
検索のサジェスト機能とは、検索バーに文字を入力しているときに、Googleが検索候補を予測して自動的に表示するものですが、現在でも「許永中」と打ち込もうとすると「許永中 現在」と表示されます。

 

 

如何に多くの人が関心を持っているかだと思います。

スポンサーリンク