地上げのやり方教えます 大阪府警 大阪市計画局 ライトプランニング事件2

スポンサーリンク

警部は、自分のポケットに現金をねじ込まれたが数日後には全額返却

この接待した不動産会社社長は、大阪市北区の地上げにからむ事件で、大阪府警が内偵中の業者で、暴力団との関係も噂となっていました。

 

府警観察室では、警部は事件を担当する部署とは直接関係のない市内の警察署勤務で、接待や現金は職務にからんだものでないこと、社長が捜査中の人物であることを知らなかったことなどの理由で処分にはなりませんでしたが、この件のあと人事異動をきっかけに依願退職。

その日の夕刊各紙が幹部警察官不祥事を一斉に報道しました。

それによると飲食回数が社会通念上の常識をはるかに超え、現金も数十万円単位となり、ゴルフ代金などを含め100万円を返したのは良いが、このゴルフに警部が知り合いの2人の幹部警察官を誘って参加していた・・ということだったのです。

 

この2人は共に暴力団担当の捜査四課の警部で、府警監察室は疑惑を招いたとしてこの二人を戒告処分にしました。

 

また一連の幹部警察官不祥事報道に驚きなのは、中心人物とされ退職した元警部は、ちょうどイトマン事件を担当した刑事の一人だったということです。

彼は当時捜査二課の敏腕刑事として知られ、後に此花署の刑事課長として昇進していました。

 

この大阪府警幹部警察官接待事件で世間を騒がしたのは、「ライトプランニソグ」という不動産業者で、会社登記簿謄本によると不動産・建築、金融のほか朝鮮人参の細胞増殖及び栽培促進の研究受託となっていて89年7月、大阪府箕面市内に資本金2000万円で設立。

 

従業員はわずか2~3人で、翌年大阪市中央区に本社移転して以来、短期間に点々とも事務所を変わるなどしていました。

 

また箕面市内から大阪市内中央区に本社移転した際、同区心斎橋筋の五階建てビルを丸ごと買い取り、ここに同社を債務者にして松下電器100%出資のノソバソク「ナショナルリース」が、49億5000万円の根抵当権をつけていました。

 

さらに、JR環状線京橋駅周辺の同社が地上げした土地に、その「ナショナルリース」が極度額253億5500万円もの根抵当権をつけていたのですが、無名の不動産業者と世界の松下とが、どのような経緯でこのような巨額取引につながったのか皆一同に首をかしげていました。

大阪市土地対策室の 企画主幹も懲戒処分

 

ライト社にかかわる疑惑は、大阪府警だけではありません。

 

大阪市計画局土地対策室の企画主幹が、ライト社の水田社長と大阪市内の飲食店やスナックで会食したりゴルフを共にしていたということが判明しました。

 

地上げのやり方教えます!旧三和銀行(東洋プロパティ)ライトプランニング事件1

スポンサーリンク