桃源社 その1 ビルの不法占拠

平成4年頃、不動産会社「桃源社」佐々木吉之助社長は、赤坂見附駅からほど近い港区の一等地に8階建ての「第54桃源社ビル」を所有していました。

資金繰りに行き詰まり建築代金の一部を未払いにしたため、ゼネコン社員が入り口にバリケードを張り巡らせて封鎖していたところ見知らぬ男たちが出てきました。

110番通報で駆けつけた警察官や社員らが男たちを問いただすと、

「ここは、おれたちが桃源社から借りたんだ」

と言い張り凄んできたため、社員らは帰るしかありませんでした。

帰って登記簿を調べてみると、横文字の聞いたこともない名前の会社が所有権や賃借権移転の仮登記をしていたほか、さらに別の会社に賃借権仮登記が設定されていたのです。

もちろん思い当たるフシはありました。

佐々木社長は以前から不動産売買の仲介やテナント探しなどを頼んでいたブローカーに、印鑑証明など登記に必要な書類を預けていました。

そのブローカーを問い詰めると不動産業者に渡したことを認めました。

業者はビルに最初の仮登記を行った会社でした。

調べていくと、ほかの物件にも次々と賃借権が設定され、最終的には桃源社が所有する約600室のうち、70室以上が不法に占有されていたのでした。

これらは山口組のフロント企業や、それに近い関係者でした。
フロント企業はかつて企業舎弟と呼ばれ、暴力団が親族ら関係者名義の会社を構えて、これを隠れみのに企業活動を行っていたのです。

佐々木社長によるとビルを占有する一般的な手口は、まず通常の賃借人としてテナントに入り込み、2か月目ごろから「サブリース」と称して他人に転貸。

転貸を受けた側は「テナント料を払っている」と主張しそのまま占有してしまう。そして最初の賃借人はテナント料を支払わなくなるという形が多いとのことでした。

 

つづく

 

スポンサーリンク

昔の民族派右翼機関紙より その6 朱光 老害金丸信の売国外交を喝破す


「コメ」と北朝鮮問題を明確に区別せよ

またも”国”を売るのか

金丸信は引退すべし

政府主脳の醜態に猛省を促す

 

本紙は平成3年(1991年)7・8月合併号ということで今から30年近く前の記事です。

海部首相(当時)のウルグアイラウンド打開のため、コメの部分開放を金丸信を特使として訪米させ、北朝鮮問題も話し合うということでバーター取引が展開されることに憤慨しています。

当時は海部首相が「コメの開放はない」と明言していた時期でした。

その前年、金丸信が訪朝し、金日成主席と「米朝の橋渡しをする」と大見栄を切ったものの、米国側は「コメ問題と北朝鮮の核査察問題と一緒にしてもらっても困る」と全く意に介していない状況だったのです。

このような国家百年の課題であるコメ問題を一介の年寄り政治屋に任せて良いのか、と特使に任命した海部首相にも苦言を呈し、金丸信は政界を引退すべしと主張しています。

 

その下には「口軽女クレッソンの日本叩き」と題して

 

「日本は米欧共同の敵。日本人は夜も眠らず我々をやっつける方法を考えている」

「日本は征服を目論んでおり、われわれとは違う世界の住人だ」

これらは5月16日、フランスの首相に就任したエディット・クレッソン女史の言行録の一部である。

日本人を「蟻」とも「黄色いチビ」とも言い放つこの女史に日本外務省が抗議したところ、彼女の反応は次の如くであった。

市場問題で何の教訓も与えられない国からの批判なんだ受け入れられない。救いようのない国の非難は受け入れられない。

(中略)

しかし、われわれが彼女に方言に過敏に反応することは彼女の術中にはまりかねないであろう。彼女の対日批判はECにフランスを売り出すポーズであり、さらにはフランス国民の受けを狙ったものであることは明白であるからだ。

とし、「極めて戦略的な発言であるということに留意しなければならない」と締めくくっています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

極東民主同盟会議 大化会 月刊ふじ 昭和60年代ソビエト領事館前街宣

今、シリーズでUPしています月刊ふじのキャラバン隊が、

2月7日北方領土の日に当時のソビエト領事館前で

大行社や祖国防衛隊と共に街宣活動した様子

但し音声のみ。画像は月刊ふじより抜粋

 

スポンサーリンク