令和元年現在の許永中

スポンサーリンク
令和元年現在の許永中氏

上の動画は令和元年にとあるテレビ局のインタビューを受けた際の現在の許永中氏です。大変饒舌で笑いながら話を引き込む術は「人たらし」たる所以でしょう。

事件の影に許永中の名前有り

 1997年、住専の大口融資先の一つとして登場した「三豊恒産」 に対する住宅金融債権管理機構への債権回収妨害、つまり返済すべき賃料収入を山口組系の組長に提供したという容疑で警視庁捜査四課が許永中の側近として知られる「岡本醇蔵」真大倉社長を摘発しました。

この岡本醇蔵社長は一方で、やはり警視庁が摘発した「経済革命クラブ」(KKC)の資金投下先にもさまざまに登場していた模様で、キナ臭さが際立つ現場には、常に許永中の周辺人脈の存在があるという典型パターンでした。

一方、 岡本醇蔵 氏は近畿大学の出身で、大学時代に属していた応援団での豪放さが受け、コミック「嗚呼!花の応援団」のモデルになったエピソードの持ち主でもあります。

日本レースの株買い占め騒動の渦中では、手形の乱発、偽造事件でさまざまに取り沙汰された経緯がありました。

つづく

スポンサーリンク