許永中のブレーン 岡本醇蔵 その3

スポンサーリンク

前回からのの続きです

「三豊恒産は銀行からの借り入れの元本返済はむろん金利払いもストップしとった。


それで競売にかけられとる。


でも毎月、3500万円ぐらいビルの賃料あったんや。


それを、会社の社員の維持費に、各ビルのテナントのサービスに充てとった。


掃除からエレベーターから何から細かいことに毎日、カネかかる。
下請けの業者に払わないかん。管理業務や。


下水や電気止まったらどうしょうもないからな。


そならいちいちそのたびに銀行に行って、代表印を支払い用紙に押して、会社の通帳からそれら費用払うのたいへんやから、経理に『個人で普通預金口座作って、個人の印で支払いできるようにしとかんかい』と。


それで『サンポウコウサン+個人名』いう銀行口座作った。


警察がワシを特別背任か横領でいこうと捜査しとるのは知ってた。


ワシが新宿のビルを45億円で売って、長銀には30億円しか払うてない。


六本木でも銀行には10億円だけ払って、ワシが20億円ちょっと取っとる。


ほやけど、ワシはカネ借りる時、みな役員議事録でちゃんと借り入れ書作成して、個人保証もして、印鑑証明書も付けてちゃんとしてまんね。


KKC(経済革命倶楽部)からの16億円の借り入れにしたって、岡本の個人保証もつけとる。


議事録で岡本に平成12年まで年2%で貸し付けるいう金銭貸借契約書作って、役員会議事録で手続きして、三豊恒産から岡本に貸しますと。


ただし、KKCに対して支払い期日がないのは、金利として赤坂ビルをKKCに全フロア貸し与えると。


借り主側のKKCの都合により、『カネ返したいうて、すぐビルを明け渡すことできへんので、ひとつ無期限に借りてください』と。


互いの代理人弁護士同士で、ちゃんとこう契約しとった。


ワシの三豊恒産の共同代表取締役に就任する前には、東京のそのスジが三豊恒産の一連のビルを占拠してた。


で、ワシが代表になって半年ぐらいで、それが猫の子一匹おらんようになったから、警視庁はなおさら苦々しかったわけや。


西のもんがやってきて東京のヤクザを追い出したから、ごっつう腹立てとるねん。


逮捕された組長らとの関係、ワシは企業舎弟じゃない。


友人や。


それに1年半ぐらいかけてビル6、7棟売って。


占拠していた成南住宅ともちゃんと和解とって、書類形式が揃うとる。


80億円ぐらい返済もしたんかな。


警察でも調べたけど、書類は揃うとってもう岡本逮捕はどうにもならへん。


そこで、銀行に普通預金の差し押さえさせ、それの強制執行妨害でやった。


この適用、日本で初めてや。この罪状使うの。


これだけワシ、うっかりしとった。

ただ、これは最高刑でも5年だけや。警視庁は悔しいけど、岡本に縄かけるには、他にやりようがなかったというのが真相や」

つづく

スポンサーリンク