許永中のブレーン 岡本醇蔵 その4

スポンサーリンク

前回からの続きです

「イトマンのこと、それから三豊恒産のことがなかったら、これでだいたい仕事終わろうと思うとった。(中略)今、日本の上場会社って暖簾がなくなってると思うんや。


いわゆる古い伝統が消えて、バブルの崩壊後はアメリカ式っていうか、会社もひとつの商品になって、カネ儲けの組織そのものやがな。


そやから、ここでちょっと頑張って、上場してる会社が何もうらやましいわけやないけど、いっぺ ん上場会社を持ちたいな思うてる。
それを待った時点で、そこに関わる人が幸せになる仕事を二つほどやりたい。


ワシの場合、衣食住の衣は興味ないから、食と住のほうのな。


ワシにいままでついて来たり、大事にしてくれた人で、この業界でもっと貢献せないかんし、もっと頑張れると思っとる人にその会社に座ってもろうてな。


そのため執行猶予のこの4年問は、はいずり回ろ思うとる。事件起こさずに。
そんなこっちゃ。ワシ、人好きやから」


「昔と違うて、今はともかく経済力のある人がえろうなっとる。
資本主義経済やから、しゃあないわ。


浪花節いっとれん。まあ、ワシもほんまいろんな親分とつきおうてきたけど、いろんな人がおるし、ヤクザとしてやなく、男として好きやなあ思った人もぎょうさんおる。


波谷守之さんもそう。

一緒にマージャンやってて、ジャンケンすることになって、ワシが『あんた、でけへんがな』(指詰めのため、パー出してもチョキになってしまう)いうたら、側近がワシの息の根止めるくらいの勢いで顔色変えて飛んで来たが、この人は『岡本は別格いうとるやろが』 いうて。
そんな器量の人もおる。
 


ヤクザ、ヤクザっていうけど、早ういうたら、汚名着る割に身につけるもんはほんま少ない。


政財界を問わず、ほんまきれいごとでカネ儲けた奴がいちばん悪いことしてるし、身についとる。


ヤクザいう組織ほど一般世間から嫌われて、いちばん得るものの少ないものはない、思うわな」


「そやから、すばらしい大学出て、そこ出るぐらいだから職求める時から、そんなことできる(甘い汁を吸える)立場になるんだということで行ってんやから、最初から。


逆に言うたら、ヤクザも変わらんと。


そういう悪徳官僚のような東のええヤクザが今後増えていくと思うわ。
そんな頭のええヤクザは皆、地下に潜ってしまいよる。


今のようないわゆるオープンにされたヤクザ、ワシから言うたらたいしたことないヤクザに代わって、そういう悪知恵働く奴が出てくる。これは難儀や」


「ヤクザはその世界におるんやから、それはそれで認めてな。ヤクザはヤクザとして扱うたらいいんや。


『俺は堅気やぞ。堅気の俺に何するんや』と。


そう、はっきり言うてあげへんから、対等につき合えないんや。
ある意味では、『堅気の分野にも入って来たらええがな』みたいな素振りして。


そない言うてるから、仕切りができてないから、ヤクザに食い込まれたんとちゃうのんか。


『これ一緒にやりましょな』と、遠慮して言うとるから、ヤクザのほうが我が強いからぎょうさん食われるだけや。


仕切りちゃんとできとったら、『お前、ヤクザやから、仕事は俺がするから口出すな。ただ、他のヤクザ来たら、俺の仕事邪魔しよるから、俺の見えんとこでそれちゃんと話しといてくれよ。それがお前の立場やで』と。


『ただ俺の注文で動いたら堅気に使われるヤクザになっちまうやろ。それぐらい、ちょっとかしこなって、言われんでも、ここヤクザ狙うとるなと思ったら、警察にマークされないでうまくやってな』と。


ワシの場合、それをはっきり言うから対等につき合えるわけや。
 


企業舎弟いうたら、そもそもは倒産した社長が金融業者に交渉に行って、そこで『この仕事まだできるんやったら、もっとやっていきな』と。


ところが、『後にまだ借金残っとるから、仕事できませんねん』
『そな、ワシがそっち裁いとるから安心して仕事しいな』と。
『それで儲けたら、うちに返しや』と。

それで戻し済んでも、まだ奉公するようなことするから。


それが企業舎弟の始まりや。ヤクザに采配された堅気、意味でもあるし、堅気でヤクザをカネで使うという意味でもある。


ヤクザと一緒に(仕事)するんなら、ヤクザになればええがな。
そんなん、ヤクザに対しても堅気に対しても失礼な話や。


主体性のない話や。ワシらの周りにも企業舎弟おるけど、また、それを自負してる者がおるから不思議や思うわ」

スポンサーリンク